スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプラントの治療費

3/7(金曜日)です。

新しく始めた『基礎から始めるインプラントブログ』です。
このブログは、インプラントに関する基礎基礎を学ぶブログです。
毎週金曜日にアップしています。

今日のテーマは、『インプラントの治療費』です。

インプラント治療を受けられる際に『治療費』は大きな問題になります。
それは、
『インプラント治療は高額』だからです。

このブログを見ていらっしゃる方の多くは、インプラントは保険が適応されず、その治療費が『高い』ことを知っていられると思います。

なぜ、高いのでしょうか?

単純にインプラントの機材の単価が高いのです。

また、インプラント治療には非常に多くの材料を使用します。


大まかにインプラントの構造は、
1 インプラント本体(フィクスチャー)
2 土台(アバットメント)
3 被せ物(補綴物)

に分けられます。

この詳細は以下をクリックして下さい。
インプラントの構造


まず、インプラント本体の単価ですが、
メーカーや種類により違いますが、
私がメインに使用している ストローマン・インプラントでは、
1本 30.000~40.000円です。

インプラント手術の際には、このインプラント本体(フィクスチャー)以外に、
インプラントの蓋(ヒーリングキャップ)が
1個:4.000~7.000円です。

それ以外に、手術時には骨幅が少ないと骨を増大させる 『GBR法』という治療を行います。

インプラント治療を希望される方の多くは、骨の幅や高さが十分でないので、こうした治療を併用します。
私が経験する中では、約半数の方に 『GBR法』を併用します。

この時(GBR法)に使用するGBR膜という材料があります。
1枚:20.000~400.00円程度です。

また、人工の骨を使用することも多くあります。
人工骨の代表的なこととして、 β―TCPがあります。
メーカー等により違いはありますが、
1回分で、約15.000~30.000円程度です。

それ以外に、インプラント手術に使用する機材です。
その一つが、骨の穴を開ける『ドリル』です。
ドリルは、使用後に滅菌し、何度かは再使用しますが、
使用できる回数は、5~10回が限度とされています。
ドリルは、使用すると少しずつ切れなくなっていきます。
切れないドリルを使用すると 手術時に骨へのダメージが加わってしまうため、
メーカーでは、ドリルの使用限度を5~10回としています。

このドリルは、1本 10.000~15.000円程度です。
このドリルを1回の手術で4本程度使用します。

例えば、1回の手術で、5本のインプラントを埋入したとします。
一本のドリルを5回使用することになりますので、
この1回の手術で、使用したドリルの全ては消耗(廃棄)することになります。

これ以外にも、薬剤 や 滅菌素材(ディスポーザブル手術着、帽子、マスク、手袋、手術道具、針、糸 等…)、使用する機械、等… いっぱいあります。

も特殊なものでは、1本(1回分)で20.000円程度するものもあります。
『え! 糸が…そんなにするの?』
と 思われるかもしれません。
しかし、特殊なはそれくらいするのです。
もちろん1回分のです。

また、手術の際には、3名のスタッフが必要です。(人件費ですね)

場合によっては 麻酔科医 も必要です。

もちろん手術室 の設置等の設備投資が最も大変です。
(これが一番大変!)

例えば、
CT撮影 装置を備えてある歯科医院では、
CTの装置だけで、
30.000.000~50.000.000円程度の設備投資が必要です。

通常の デジタル・レントゲン でも
10.000.000円程度します。

治療する時に座っている治療台( ユニット と言います)は、
メーカーや種類によっても違いますが、
1台:3.000.000~7.000.000円程度します。

まだ、まだ、消耗費もあります。

そのため、インプラント手術の際には、当医院では、

インプラント 1本が200.000円程度はかかってしまうのです。
(*GBR法は骨の吸収状態により、別途費用がかかる場合があります。)

歯科医院によっては インプラント 1本 400.000円というところも かなりあります。

こうした材料の単価や消耗品、設備投資等がインプラント治療を高額にしているのです。


次回のブログは3/14(金曜日)になります。
次回のテーマは、『インプラントの治療費』の続きになります。

メインのブログは下記をクリックして下さい。
『日本歯周病学会歯周病専門医、国際インプラント学会認定医のブログ』


こちらのブログは、曜日 と 曜日にアップしています。
他ではないようなマニアックな内容です。
当医院で 毎日行われているインプラント手術報告も記載されています。
上記の メインブログ もこの後、引き続きどうぞご覧下さい!

   ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・オンライン予約 はこちらをクリック
オンラインで予約が行えます。



大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

残業と30代,40代の転職

残業とは、所定の労働時間を超えて仕事をすることをいう http://gastroenterology4.rcrane4law.com/

梅酒

文庫・新書

文庫・新書を探すなら http://www.pigottop.com/200162/209331/

レム睡眠の美容にとは

体の筋肉は脱力して休んでいるが、脳が活動している浅い眠りの状態をいう http://hackmatack.sabellsenterprises.com/
プロフィール

インプラント歯周病専門医

Author:インプラント歯周病専門医
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科 院長の杉山です。
現在、インプラントは歯科治療いとってなくてはならないものとなっています。
それとともにインプラント情報はさまざまなホームページにおいても記載してあります。
このブログではインプラントの基礎について簡単に解説したいと思います。
インプラントのマニアックなブログは以下をクリックして下さい。
日本歯周病学会歯周病専門医、国際インプラント学会認定医のブログ
また、院長はインプラント認定以外に日本歯周病学会の専門医でもあることからインプラントと歯周病との関連についても解説していきたいと思います。

メール無料相談は こちらをクリック
歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。
基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

オンライン予約 はこちらをクリック
オンラインで予約が行えます。


     院長履歴
1993年 神奈川歯科大学卒業
1993年 同大学歯周病学講座入局
1999年 日本歯周病学会専門医取得
1999年 東京都にて杉山歯科医院開業
2003年 I.T.Iメンバー認定
2005年 国際口腔インプラント学会認定医取得
2006年 大船駅北口歯科インプラントセンター開業

診療時間:9:30~18:00
休診日 :月曜日、木曜日、祝日
電話  :045-891-3334
住所  :神奈川県横浜市栄区笠間
    1―5―1リーフビル3階

カテゴリー
最近の記事
FC2カウンター
QRコード
携帯でもご覧頂けます。
QR
電力使用状況&電気予報
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。