スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプラントの使い回しの問題

1/22(金曜日)です。

本日のブログは 先日 愛知県豊橋市の歯科医院でインプラントの再使用(インプラントの使い回し)を行っていた問題についてです。

インプラントの再使用(利用:インプラントの使い回し)とはなにか?
という話から始めたいと思います。

一度患者様に埋め込んだインプラントが 何らかの理由で撤去されることがあります。
最も多い撤去理由は、インプラント周囲炎(インプラントの歯周病) です。
インプラントは、チタンでできた人工のネジですが、天然歯と同様に 歯周病のような状態になることがあります。
非常に稀なケースですが、インプラント治療後に歯ブラシが不十分であったりすると
汚れがインプラント周囲に付着し、インプラント自体もダメになるのです。
これがインプラント周囲炎(インプラントの歯周病) です。

私自身も今までに(10年間で)数例 程度経験したことがあります。
インプラント周囲炎(インプラントの歯周病) が軽度であれば治療可能ですが、
進行してしまうと撤去が必要になります。
インプラント周囲炎の治療については以下を参考にして下さい。
      インプラント周囲炎の治療方法

愛知県豊橋市の歯科医院では、撤去されたインプラントを他の患者様に再利用していたのです。

撤去したインプラントは、いくら滅菌しても使用は絶対にできません。

汚染されたインプラント表面はいくら滅菌しても細菌を完全に取り除くことは不可能です。
そのため、再度使用したとしても骨と結合することはありませんので、
確実に失敗します。
私自身は100%失敗すると思います。
一番大きな問題は、他の患者様への感染のリスクです。

このようなことはインプラント治療を手がけている歯科医師であれば、当然のことながら分かることです。
インプラントの再利用なんてとても考えられないことです。

この豊橋市の歯科医院は、歯科医師の間でも有名で
普通では考えられない本数のインプラント治療を行っています。
年間1000本以上のインプラントを埋入しているようです。
1人の歯科医師で年間1000本というインプラントは尋常ではありません。
適切なインプラント治療を行うことを考えれば 非常に難しい数のインプラント手術件数になります。
一人の歯科医師の能力を完全に超えている状態です。
無理した状態で行っているのですから、どこかに問題が起こってもおかしくない状態です。

私自身の話になりますが、以前私が東京で開業していた頃には、4~5名の歯科医師で診療を行っていました。
そのうち2名(私と他一人)の歯科医師で主にインプラント手術を担当していました。
その頃、最も多くのインプラント手術件数をこなしていました。
一番多い年度で年間575本のインプラントを埋入したことがありました。(歯科医師2人で)
本当に大変な時期でした。
毎日何件もの手術をこなし、他にも歯周病治療、虫歯治療、抜歯、入れ歯の作成…等さまざまな治療も行わなければいけませんので、本当に倒れるくらい忙しかったです。
(実際に その後本当に倒れてしまったのですが…)
今では、無理しないように1日の手術件数を制限し、
診療時間もかなり短くしました。
以前は夜9:00頃まで診療していましたが、現在は6:30までです。
診療が終了すれば、仕事が終わるわけではなく、
診療終了後も 事務仕事があったり、論文を読んだり、カルテ整理をしたり、
最も時間がかかるのが、患者様の治療計画を立てることです。
これが本当に時間がかかります。
無理した診療体系であると 他の仕事が確実にこなせなくなります。
十分な勉強時間がなかったり、
十分な治療計画を考える時間がなければ、適切な臨床はできません。
無理をしないことが 確実な診療につながるのです。
手術件数も以前の半分程度が良いのではないかと思っています。
無理をすれば必ず他にしわ寄せが起こります。

話は、問題となっている愛知県の豊橋の某歯科医院になりますが、
この歯科医院では、あまりにも手術が多いこともあり、手術手袋を変えないで何人もの患者様の手術を行っていたことも同医院の従業員から告発されています。
血液のついた手袋を変えないで そのまま他の患者様に触れるなんて あり得ません!

また、なんで インプラントの再利用なんてしたのだろう…
先程も書きましたが、再使用(利用)したインプラントなんて
絶対に成功しないのは分かっているのに…
ダメになるのが分かっていながら 再使用(利用)しているとしか考えられません!

また、この歯科医院は過去に保険診療費の不正請求 や 医療資格を持たない助手に医療行為をさせたとして
保険医の停止 や 業務停止命令がでていたようです。
ないからなにまで問題だらけですね。
また、元従業員からは この業務停止期間中にも 医療資格を持たない助手に 同様に医療行為をさせていたようです。
本当にびっくりさせられます。

ちなみに 問題が発覚してからこの院長は自殺をはかったようです。(未遂だったようですが…)

今回の事件とは話はズレますが、
私個人の考え方をお話します。
日本人はどうしても混んでいるお店に並びたがる傾向があります。
病院も同じように考えているようです。
「混んでいるからいい病院なんだ!」
「インプラントをいっぱい行っているから いい病院なんだ!」
しかし、病院は 混んでいるのと 質が高いのはまったく違います。
特に歯科医院においては、1日で診療できる患者様の人数はどうしても決まってきます。
1人で1日に30人も40人も診察することは不可能です。
なかには1人で100人も診察している歯科医師もいると聞きます。
今回問題となっている豊橋市の歯科医院では1日100人の患者様を診察していたようです。
もちろん100人の患者様を診察するのが不可能ということではありません。
しかし、これだけ 数多くのインプラント手術も行いながら、
100名程度の患者様を診察することは ちょっと考えられないですね。
1日で100人も診れば、1人の患者様に関わる時間は当然のことながら限られてきます。
歯科治療の場合、1人の診療時間が10分や15分では ほとんどの治療は十分にできません。
 (短時間で終了できる治療もありますので誤解されないように)
例えば、奥歯の神経を取る治療の場合、丁寧に行うと 30分から1時間程度かかります。
 (麻酔から全ての治療時間を合わせると…)
1時間に1人の患者様を診察すれば、
歯科医師1人で行える診察人数は1日10人程です。
30分に1人でも 1日に20人以下しか診察できません。
当院では、常時3~4名の歯科医師が勤務していますが、
1人の歯科医師が診察する患者様の人数は1日10人程度です。
忙しい日には15人程度になりますが、これが限界です。
そのため、歯科衛生士が担当する患者様を含めても 当医院全体で診察可能な人数は、1日に40人程度になります。
これ以上は無理です。
無理をすれば、先程あった 手術の兼務(血のついた手袋を変えないで行う等)になってしまう可能もでてきます。
あまりにも手術件数の多い歯科医院は、どこか無理をしなければ現実問題として無理なことです。
歯科医院を選択する場合、こうしたことも考える事が重要です。
また、最近よくある「格安インプラント!」これも問題となることがあります。
デフレ社会の現代ですが、
当医院では、医療の質を落としてまで「格安インプラント!」にこだわることは絶対にしません。

愛知県豊橋市の某歯科医院で治療を受けられた患者様に大きな問題が起こっていなければ良いのですが…

次回の基礎ブログもこの続きです。1/29(金)にアップします。


・ オリコン 2010年度版 顧客満足度の高い インプラント歯科医院ランキング神奈川県版

メインのブログは下記をクリックして下さい。
『日本歯周病学会歯周病専門医、国際インプラント学会認定医のブログ』

こちらのブログは、曜日 と 曜日にアップしています。
他ではないようなマニアックな内容です。
当医院で 毎日行われているインプラント手術報告も記載されています。
上記の メインブログ もこの後、引き続きどうぞご覧下さい!

   ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。



大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : インプラント最新情報
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

インプラント歯周病専門医

Author:インプラント歯周病専門医
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科 院長の杉山です。
現在、インプラントは歯科治療いとってなくてはならないものとなっています。
それとともにインプラント情報はさまざまなホームページにおいても記載してあります。
このブログではインプラントの基礎について簡単に解説したいと思います。
インプラントのマニアックなブログは以下をクリックして下さい。
日本歯周病学会歯周病専門医、国際インプラント学会認定医のブログ
また、院長はインプラント認定以外に日本歯周病学会の専門医でもあることからインプラントと歯周病との関連についても解説していきたいと思います。

メール無料相談は こちらをクリック
歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。
基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

オンライン予約 はこちらをクリック
オンラインで予約が行えます。


     院長履歴
1993年 神奈川歯科大学卒業
1993年 同大学歯周病学講座入局
1999年 日本歯周病学会専門医取得
1999年 東京都にて杉山歯科医院開業
2003年 I.T.Iメンバー認定
2005年 国際口腔インプラント学会認定医取得
2006年 大船駅北口歯科インプラントセンター開業

診療時間:9:30~18:00
休診日 :月曜日、木曜日、祝日
電話  :045-891-3334
住所  :神奈川県横浜市栄区笠間
    1―5―1リーフビル3階

カテゴリー
最近の記事
FC2カウンター
QRコード
携帯でもご覧頂けます。
QR
電力使用状況&電気予報
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。