スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新ポリグリップEXの生産中止について

2/26(金曜日)です。

このブログは、インプラントに関する基礎基礎を学ぶブログです。
毎週金曜日にアップしています。

本日のブログの前にお知らせがあります。
3月中に大船駅北口歯科のHP(総合サイト) を大幅にリニューアルします。
まった違う印象のHPになりますので、『突然HPがなくなった!』とビックリしないで下さい。


今日のテーマは、『新ポリグリップEXの生産中止』です。

昨日 トヨタ のいわゆるリコール問題で米国議会にて公聴会が行われました。
事実関係は まだ正確には分かっていない部分もありますが、
少しでも問題があれば 早く対応することが 被害を拡大させないために 重要なことであることが あらためて認識されたことでした。
トヨタに起こっている問題解決は日本経済にとっても大きな問題です。


今日は なぜこのような話から始めたかと言いますと
歯科で使用する 入れ歯安定剤 の生産中止についての話になります。

義歯安定剤『新ポリグリップEX』の生産が中止となりました。
義歯安定剤を使用されている方は、以下を是非お読み下さい。

『新ポリグリップEX』の生産中止の理由は、この商品に亜鉛が含まれていることです。
『新ポリグリップEX』は、粘着性を高める目的で亜鉛を含有しています。
亜鉛自体は、人体にとっても必須栄養素です。
そのため、決して亜鉛が身体に悪いということはありません。
ただし、大量に摂取すると問題が起こる可能性があるということです。

「新ポリグリップEX」の開発会社であるグラクソ・スミスクライン(株)は、亜鉛含有義歯安定剤を長期間にわたり過剰に摂取すると、神経症状を引き起こす可能性があるとして、今回の製造中止の決断を行ったとのことです。

先程ご説明したように亜鉛は必須栄養素ですが、継続的に過剰摂取すると、手足の無感覚、ヒリヒリ感や脱力感、歩行困難、貧血等の神経症状を引き起こす恐れがあるということです。

義歯安定剤を適量(1日1回)使用している程度であれば、問題はないとのことです。

どのような製品もそうですが、医薬品を過剰に使用される方は、必ずいらっしゃいます。
例えば、風邪薬を使用説明書に記載してある以上の量を服用される方も現実的にはいらしゃいます。
また、目薬なんかは かなりの方が必要以上の量を点眼しているのではないでしょうか?
目薬を 目からあふれるまで 何滴も 使用する方も 多いかと思います。
目薬は、必要以上の量を使用しても 目からあふれるだけで、あふれた目薬は なんの効果もないだけでなく、
点眼薬が皮膚に触れることになります。
人によっては、あふれた点眼薬が皮膚に触れることにより炎症の原因になることもあります。

また、歯科医院でも 歯肉が腫れた時 や 抜歯後 抗生剤を処方することがあります。
通常、3日とか 4日分が処方されます(抗生剤や症状によっても違います)。
腫れが治まると抗生剤を中断する方もいらしゃいます。
これも問題です。
薬の服用期間 や 服用量は それなりの意味があります。
そのため、特別な事情がないかぎり きちんと指示をされた期間、量をきちんと守ることが重要です。

通常量であれば問題のない 薬でも大量に摂取したり、使用方法をあやまると問題となることがあります。

今回の「新ポリグリップEX」もごく稀に過剰な量を長期的に渡り使用される方がいらっしゃるそうです。
そうした方から弊害の可能性があるとの文献が報告されたとのことです。

安全性を考え、「新ポリグリップEX」をご使用されている方は、中止されて下さい。
ただし、先にも書きましたように亜鉛自体は、人体に問題があるものではありません。
あくまで、その使用量です。

大きな被害がでていない状況でも 早期に生産中止を決断することは 企業として 重要なことであると思います。
安全性を第一に考えることが ご使用される消費者にとって最も重要なことだからです。

今後、亜鉛を全く含まないタイプの「新ポリグリップEX」の発売を検討中とのことです。

今日は、歯科での問題となっている話題でした。




インプラントモニター募集(20%割引
現在、新規にインプラント症例集のページを作成しています。
さまざまなケースを見ていただくことにより、よりインプラント治療についてご理解していただきたいと思います。
そのため、症例を公開しても大丈夫という方(インプラントモニター)を募集しています。
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
      インプラントモニター(20%割引)
今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

最近インプラント治療を行う際に静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) をご希望される方が非常に多くなってきています。
そこで、静脈内鎮静法 による麻酔をもっと多くの方にご利用していただくために 今まで3万円かかっていた費用を無料にしました。
これは、静脈内鎮静法 でインプラント治療を行いたいが、麻酔費用がかかるのがネックと考えられ断念されるケースがでてきたためです。
そのため、暫くの間 試験的に無料とさせていただくことにしました。
ご希望の方は、ご利用下さい。
圧倒的に楽にインプラント治療が行えます。


      インプラント無料相談
現在インプラント無料相談を受け付けています。
詳細は以下をご覧になって下さい。
      インプラント無料相談

・ オリコン 2010年度版 顧客満足度の高い インプラント歯科医院ランキング神奈川県版

メインのブログは下記をクリックして下さい。
『日本歯周病学会歯周病専門医、国際インプラント学会認定医のブログ』

こちらのブログは、曜日 と 曜日にアップしています。
他ではないようなマニアックな内容です。
当医院で 毎日行われているインプラント手術報告も記載されています。
上記の メインブログ もこの後、引き続きどうぞご覧下さい!

   ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。



大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歯科治療
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

インプラント歯周病専門医

Author:インプラント歯周病専門医
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科 院長の杉山です。
現在、インプラントは歯科治療いとってなくてはならないものとなっています。
それとともにインプラント情報はさまざまなホームページにおいても記載してあります。
このブログではインプラントの基礎について簡単に解説したいと思います。
インプラントのマニアックなブログは以下をクリックして下さい。
日本歯周病学会歯周病専門医、国際インプラント学会認定医のブログ
また、院長はインプラント認定以外に日本歯周病学会の専門医でもあることからインプラントと歯周病との関連についても解説していきたいと思います。

メール無料相談は こちらをクリック
歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。
基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

オンライン予約 はこちらをクリック
オンラインで予約が行えます。


     院長履歴
1993年 神奈川歯科大学卒業
1993年 同大学歯周病学講座入局
1999年 日本歯周病学会専門医取得
1999年 東京都にて杉山歯科医院開業
2003年 I.T.Iメンバー認定
2005年 国際口腔インプラント学会認定医取得
2006年 大船駅北口歯科インプラントセンター開業

診療時間:9:30~18:00
休診日 :月曜日、木曜日、祝日
電話  :045-891-3334
住所  :神奈川県横浜市栄区笠間
    1―5―1リーフビル3階

カテゴリー
最近の記事
FC2カウンター
QRコード
携帯でもご覧頂けます。
QR
電力使用状況&電気予報
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。