スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプラントの治療費:2回目

3/14(金曜日)です。

このブログは、インプラントに関する基礎基礎を学ぶブログです。
毎週金曜日にアップしています。

今日のテーマは、前回の続きで、『インプラントの治療費:2回目』です。

前回は、インプラントの手術時における治療費について書きました。
インプラントの治療費は手術時以外にもかかります。
それは、型を取った後に作製するセラミック等の被せ物です。

場合により、インプラントの手術時よりもかかると言ってもいいでしょう!

セラミック等のインプラントの被せ物は、通常の天然歯の被せ物よりも作製するのが大変です。
費用という点からも、天然歯の被せ物よりも、3~4倍(土台:アバットメントも含む)かかります。
症例によっては、5~6倍かかるといってもいいでしょう。
天然歯の被せ物(セラミック)の作製費用が、15.000~20.000円(材料費を含まず)程度とすると、
インプラントの被せ物(セラミック)は、土台(アバットメント)が10.000~40.000円程度、作製費用も30.000~50.000円程度かかります。
また、型を取る段階でもさまざまなパーツが必要です。
以下のページの下の方にインプラントの型取り方法の写真やパーツが掲載されています。参考になさって下さい。
写真で見るインプラント治療の流れ
                   
インプラント治療は非常にコストがかかる治療なのです。
そのため、インプラント治療は高額な診療になってしまうのです。

また、『今後、インプラント治療は保険に適応されるのか?』という質問を患者様からうけることがあります。

答えとしては、『保険適応されることはないでしょう』

この理由として、現在、日本の保険財政は非常に厳しいものです。

特に歯科の中では、保険で診療を行うのが厳しくなってきています。

今後は、保険で診療できる範囲もさらに狭くなっていくでしょう。

そうした状況の中で、治療費として高額なインプラント治療が保険に適応されることはまず考えられません。

もし、保険適応されるとすれば、支払う側(保険者)の『保険料』を大幅に上げなければなりません。

これは、現実的に考えにくくことです。

特に高齢化社会に突入する日本では、高齢者医療や救急医療に重点をおかねばならず、今まで保険適応でない、インプラント治療を保険適応することは無理なことと考えられます。

それでは、『インプラント自体の治療費が安くなることはあるのでしょうか?』

すぐには難しいですが、考えられます。

現時点もで、非常に安い治療費でインプラントを行っている歯科医院もあります。

私からみれば、
『どうして、そんな費用で行えるの?』
というような料金設定をしている歯科医院もあります。

しかし、現時点では、材料自体の単価が高く、急激に安くなることはないと思われます。

我々が生活する中で、『安売り』という商売があります。
コスト削減により、安くしているのです。

例えば、原材料を大量に購入することにより、削減する方法もあります。

しかし、インプラントの場合、大量に購入するといっても1医院で使用する材料には限界があり、必要以上に大量購入することはできませんし、大量に購入したからといって単価が安くなるわけではありません。
現時点では、インプラント材料の一つ一つの単価が高いこともあり、あまり在庫を抱えることは医院の経営上、高いリスクをおうことにもつながります。

また、『薄利多売』ということも、通常の流通ではあります。
しかし、医療においては無理です。

物売り商売ではないので、1日に何件、何十件もの手術をこなすことは無理です。
1日にどんなに行えたとしても、3~4件のインプラント手術が限界です。
しかし、1日3~4件のインプラント手術を行ったとすれば、他の診療はできなくなってしまいますが…

当医院では、通常、1人のドクターが1日で診療する患者様の人数は5~10人程度です。
歯科治療は、1人一人のオーダーメイド治療ですから、1日で診療できる人数は決まってきます。

そのため、薄利多売(安く多く)という診療は無理なのです。

話はだいぶ長くなってしまいましたが、現時点でのインプラントの治療費は、材料のコストを考えると急激に下がることはないと思います。

しかし、歯科医院の数が多くなってきた現在では、
人件費を削減し、利益がなくても、
安くという歯科医院が増える可能性もあります。

現実的な問題として、インプラントの原材料の低下に期待するしかなのが現状です。

メインのブログから比べると学術的な内容が少ない 基礎ブログですが、あまり聞かないような内容ですので、次回もご覧下さい。


次回のブログは3/21(金曜日)になります。
次回のテーマは、『インプラントの治療費その3』になります。

メインのブログは下記をクリックして下さい。
『日本歯周病学会歯周病専門医、国際インプラント学会認定医のブログ』

こちらのブログは、曜日 と 曜日にアップしています。
他ではないようなマニアックな内容です。
当医院で 毎日行われているインプラント手術報告も記載されています。
上記の メインブログ もこの後、引き続きどうぞご覧下さい!

   ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・オンライン予約 はこちらをクリック
オンラインで予約が行えます。



大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歯科治療
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

クロエファション FAN

クロエの検索サイト。財布、香水、バッグ、エコバッグ、シーバイクロエなどクロエに関する各種情報をお届けしています。 http://martyr.hartmerrell.com/

バレーボール

バレーボールを探すなら http://www.karakustr.com/101070/201963/

パパイヤ酵素を美容とエステ

パパイヤは中南米などの熱帯アメリカ原産の果物です http://carry.crosstudio.net/
プロフィール

インプラント歯周病専門医

Author:インプラント歯周病専門医
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科 院長の杉山です。
現在、インプラントは歯科治療いとってなくてはならないものとなっています。
それとともにインプラント情報はさまざまなホームページにおいても記載してあります。
このブログではインプラントの基礎について簡単に解説したいと思います。
インプラントのマニアックなブログは以下をクリックして下さい。
日本歯周病学会歯周病専門医、国際インプラント学会認定医のブログ
また、院長はインプラント認定以外に日本歯周病学会の専門医でもあることからインプラントと歯周病との関連についても解説していきたいと思います。

メール無料相談は こちらをクリック
歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。
基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

オンライン予約 はこちらをクリック
オンラインで予約が行えます。


     院長履歴
1993年 神奈川歯科大学卒業
1993年 同大学歯周病学講座入局
1999年 日本歯周病学会専門医取得
1999年 東京都にて杉山歯科医院開業
2003年 I.T.Iメンバー認定
2005年 国際口腔インプラント学会認定医取得
2006年 大船駅北口歯科インプラントセンター開業

診療時間:9:30~18:00
休診日 :月曜日、木曜日、祝日
電話  :045-891-3334
住所  :神奈川県横浜市栄区笠間
    1―5―1リーフビル3階

カテゴリー
最近の記事
FC2カウンター
QRコード
携帯でもご覧頂けます。
QR
電力使用状況&電気予報
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。