スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプラントの治療費:3回目

3/21(金曜日)です。

このブログは、インプラントに関する基礎基礎を学ぶブログです。
毎週金曜日にアップしています。

今日のテーマは、『インプラントの治療費はなぜ高いのか?』です。

基礎ブログでは、ここまで2回に分けて『インプラントの治療費はなぜ高いのか?』について説明してきました。

このシリーズで、インプラント材料の『単価』という話を書きました。
ストローマン・インプラントというインプラントメーカーの単価が4月から1割程度値上がりします。
当医院では、材料の高騰による、インプラント治療費の値上げは、
現時点ではありませんが、今後は考えなくてはいけないことになります。
インプラントに関わる費用はどんどんと高くなっているのが現状です。

さて、今日の本題になります。

今日は、このシリーズの3回目です。
『歯科医院により、インプラントの治療費はなぜ違うのか?』
という話になります。

インプラント治療は 保険診療 ではありませんので、治療費は、それぞれの歯科医院が独自に設定するものです。

そのため、治療費に違いができます。

歯科以外で考えても、同じ物品でもお店が違えば、料金も違います。
まして、インプラント治療は『商品』ではありませんから、
それぞれの歯科医院によって費用が違うのは当然のことです。
インプラントの治療費は、インプラント本体や使用する材料の単価もそうですが、基本的に『技術料』です。

それでは、技術力が高い歯科医師であれば、治療費は高いのか?
ということですが、そうではありません。

高い治療費の設定をしている歯科医院が良くて、
安い治療費を設定している歯科医院は悪い、
ということではありません。

高くても、良くない歯科医院もありますし、
安い治療費でもすばらしい歯科医院もあります。
しかし、この点を患者様が正確に見極めることが難しいことです。

当然のことですが、インプラントの費用は、コストと利益に関係してきます。

材料費以外にかかるものとして、人件費、水道光熱費、通信費、広告代、
テナントなどの賃貸料、雑費、設備投資、等…
いっぱいあります。
当たり前ですね。

病院といっても通常の仕事と同じように経費がかかるのですから…

その一つが『テナント』などの 賃貸料です。

銀座の一等地で、開業しているのと、
地方で、自宅開業しているのではかかる『テナント料』は全く違います。

私の知っている先生が銀座で開業していますが、その賃貸料は、
1坪、6万円です。
その歯科医院の広さは、約30坪ありますので、
1ヶ月のテナント料は180万円になります。
これに、共益費等もかかりますので、大変な金額になります。
年間で、2000万円以上のテナント費用がかかることになります。

その反面、地方で自宅開業している先生は、賃貸料は、0円です。

当然こうしたことがインプラントの価格に上乗せされているわけです。

人件費も多くのスタッフを雇用していれば、大変なコストですが、
家族経営している歯科医院であれば、最小限に抑えられます。

宣伝広告費もばかになりません。
知っている方はわかると思いますが、東京都心のJR線の駅前看板になると
年間200~300万円程度します。

大手の雑誌などに掲載すると1回100万はします。(1ページ程度の大きさ)

ホームページ作製なども業者にお願いすると結構かかります。
(私は自分自身で、ホームページの更新をしていますが…)

大掛かりな設備投資もそうです。

この前書きましたが、CT撮影装置を置いてある歯科医院では、
数千万円の設備投資がかかっています。


例えば、『カバン』一つ考えても、
同じ材料を使用していても、
ブランド品で、数十万円するところから
その何十分の一という とこともあります。

ブランド品を取り合うかっているお店の多くは、一等地であり、
宣伝広告も多く行っています。
当然そうしたことが商品にかかってきます。

インプラント治療においても全ての歯科医院が同じ治療費ということはありません。

歯科医院によりコストは違います。

もちろんどれだけ利益を取るか ということにおいても違います。

冒頭にも書きましたように ストローマン・インプラントは約10%程度の値上げを行いました。

最近、小麦やガソリンが値上がりしているように医療材料費も値上がりしています。

値上がりしているのは、インプラント材料だけではありません。
最も値上がりし、経営を圧迫しているのが、金属です。
歯科において、金属は非常に多く使用します。
いわゆる“差し歯”等の 被せ物に使用します。
どんどん と金属の価格が高騰していますが、値上がり分を被せ物の費用に加算させている歯科医院はほとんどないと思います。
ちなみに、保険診療では、金属の高騰分を医院独自に加算させることはできません。

インプラント本体 および インプラントの材料自体 の価格高騰 と セラミック等の被せ物に使用する金属のも値上がりしている現状では、
今後の治療費の値下げは難しいと思われます。

話はズレてしまいましたが、歯科医院により、治療費が違うのは、医院によりかかるコストが違うからです。

しかし、治療費の差 が 技術的な差 になっている訳ではありません。


次回のブログは3/28(金曜日)になります。
次回のテーマは、『インプラントは誰にでもできるの?』になります。

メインのブログは下記をクリックして下さい。
『日本歯周病学会歯周病専門医、国際インプラント学会認定医のブログ』

こちらのブログは、曜日 と 曜日にアップしています。
他ではないようなマニアックな内容です。
当医院で 毎日行われているインプラント手術報告も記載されています。
上記の メインブログ もこの後、引き続きどうぞご覧下さい!

   ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・オンライン予約 はこちらをクリック
オンラインで予約が行えます。



大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : インプラント最新情報
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

30代,40代で転職してベビーシッター

ベビーシッターは、忙しい親の子育てをサポートする http://lachrymal.catvtestchips.com/

日本酒

プロフィール

インプラント歯周病専門医

Author:インプラント歯周病専門医
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科 院長の杉山です。
現在、インプラントは歯科治療いとってなくてはならないものとなっています。
それとともにインプラント情報はさまざまなホームページにおいても記載してあります。
このブログではインプラントの基礎について簡単に解説したいと思います。
インプラントのマニアックなブログは以下をクリックして下さい。
日本歯周病学会歯周病専門医、国際インプラント学会認定医のブログ
また、院長はインプラント認定以外に日本歯周病学会の専門医でもあることからインプラントと歯周病との関連についても解説していきたいと思います。

メール無料相談は こちらをクリック
歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。
基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

オンライン予約 はこちらをクリック
オンラインで予約が行えます。


     院長履歴
1993年 神奈川歯科大学卒業
1993年 同大学歯周病学講座入局
1999年 日本歯周病学会専門医取得
1999年 東京都にて杉山歯科医院開業
2003年 I.T.Iメンバー認定
2005年 国際口腔インプラント学会認定医取得
2006年 大船駅北口歯科インプラントセンター開業

診療時間:9:30~18:00
休診日 :月曜日、木曜日、祝日
電話  :045-891-3334
住所  :神奈川県横浜市栄区笠間
    1―5―1リーフビル3階

カテゴリー
最近の記事
FC2カウンター
QRコード
携帯でもご覧頂けます。
QR
電力使用状況&電気予報
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。