スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨吸収を起こすと治療が大変になる?:その1

12/ 3(金曜日)です。

このブログは、インプラントに関する基礎基礎を学ぶブログです。
毎週金曜日にアップしています。

始めに 年末年始 休診のお知らせです。
12/30(木)~1/4(火)
まで 休診とさせていただきます。

今日のテーマは、『骨吸収を起こすと治療が大変になる?:その1』です。

インプラントは、チタンでできたネジを顎の骨の中に埋め込む治療です。
そのため、ネジを埋め込む骨の状態に大きく左右されます。

適切な状態でインプラントを埋め込んでこそ 長期安定が望めるのです。

インプラントを行うにあたり、インプラントを植立するための骨幅や骨の高さがない場合、
そのままの状態でインプラントを行うと 成功率は非常に低くなります。
適切でない状態とは、骨吸収が起こった状態です。

骨吸収が起こる原因として 以下のことが考えられます。
1.歯周病 を放置した場合
2.歯がないまま長期間そのままになっている 場合
3.歯根破折 を起こした場合
4.虫歯 を放置した場合
です。
特に歯周病 を放置した場合と歯根破折 を起こした場合は、歯を支えている骨が急激に吸収します。
その結果、抜歯後にインプラント治療が難しくなったり、骨吸収があまりにも大きい場合には、インプラント治療自体が不可能になるケースもあります。

最近は、このような骨吸収があまりにも進行してから来院される方が多いのです。

もし、骨吸収が起こっていた場合には、骨を増大させる治療法を行います。
この治療法をGBR法(骨増大法) と言います。
GBR法とはインプラントを行うにあたり、骨の幅や高さがない時に、骨を再生させる方法です。

骨は再生が可能なのです。

このような話しをすると
『骨は再生が可能なんだ!』
『骨の再生が可能であれば、骨吸収が起こっていても大丈夫だ!』
と考えられるかもしれません。
骨の再生(増骨)には、限界があります。
骨の吸収状態により治療の難易度は変わります。
骨吸収が大きければ 大きい程 骨の再生(増骨)治療は困難を極めます。

まず、骨の再生量には限界があります。
GBR法(骨増大法) を行えば、元に戻るわけではありません。

また、骨吸収が大きければ 大きい程 治療が難しくなります。
治療が難しいということは、治療が大変であるということです。
治療が大変であるということは、治療を受ける患者様の負担も大きいということです。
患者様の負担が大きいということは、治療後の腫れが大きくなったり、
疼痛が伴うということです。

多少の骨吸収程度であればGBR法(骨増大法) もさほど大変ではありません。
しかし、骨吸収が大きければそれだけ、大変なことをしなければ骨は再生しません。

骨吸収が少ない方が治療が楽であることは確実なことです。

しかし、最近は本当に骨吸収があまりにも進行している患者様が多いのです。
歯周病 の放置があまりにも進んだ方も多いです。
本来歯周病になったとしても
早い段階で治療をすれば十分完治します。
しかし、歯周病を何年、何十年も放置してしまう方がいらっしゃいます。
さまざまな理由があるかと思います。

次回のブログでは、そうした骨吸収を放置してしまう具体的な原因をさらに解説したいと思います。
どのような病気でもそうですが、
病気が悪化すればするほど 治療が難しくなるのです。

このようなことを想像してみて下さい。
初期のガン(癌)と末期のガン(癌)です。
言うまでもなく、その治療大変さはお分かりのことでしょう。
もちろん その成功率も違ってきます。

インプラント治療もまったく同じです。
簡単な治療もあれば、
非常に難易度の高い治療もあります。

次回はそのようなことについてです。


インプラントモニター募集(20%割引
現在、新規にインプラント症例集のページを作成しています。
さまざまなケースを見ていただくことにより、よりインプラント治療についてご理解していただきたいと思います。
そのため、症例を公開しても大丈夫という方(インプラントモニター)を募集しています。
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
      インプラントモニター(20%割引)
今回のモニター募集は、できるかぎり多くの症例を掲載したいと思っているため、1歯欠損も募集しています。
何歯欠損でも大丈夫ですので、ご希望がございましたらご連絡下さい。

最近インプラント治療を行う際に静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) をご希望される方が非常に多くなってきています。
そこで、静脈内鎮静法 による麻酔をもっと多くの方にご利用していただくために 今まで3万円かかっていた費用を無料にしました。
これは、静脈内鎮静法 でインプラント治療を行いたいが、麻酔費用がかかるのがネックと考えられ断念されるケースがでてきたためです。
そのため、暫くの間 試験的に無料とさせていただくことにしました。
ご希望の方は、ご利用下さい。
圧倒的に楽にインプラント治療が行えます。


      インプラント無料相談
現在インプラント無料相談を受け付けています。
詳細は以下をご覧になって下さい。
      インプラント無料相談

2010年のオリコン(音楽のオリコンチャートが有名ですが…)の
顧客満足度の高いインプラント歯科医院(神奈川県版) で当医院が総合2位になりました。
  ・オリコン 2010年度版 顧客満足度の高い インプラント歯科医院ランキング神奈川県版

メインのブログは下記をクリックして下さい。
『日本歯周病学会歯周病専門医、国際インプラント学会認定医のブログ』

こちらのブログは、曜日 と 曜日にアップしています。
他ではないようなマニアックな内容です。
当医院で 毎日行われているインプラント手術報告も記載されています。
上記の メインブログ もこの後、引き続きどうぞご覧下さい!

   ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。



大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : インプラント最新情報
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

インプラント歯周病専門医

Author:インプラント歯周病専門医
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科 院長の杉山です。
現在、インプラントは歯科治療いとってなくてはならないものとなっています。
それとともにインプラント情報はさまざまなホームページにおいても記載してあります。
このブログではインプラントの基礎について簡単に解説したいと思います。
インプラントのマニアックなブログは以下をクリックして下さい。
日本歯周病学会歯周病専門医、国際インプラント学会認定医のブログ
また、院長はインプラント認定以外に日本歯周病学会の専門医でもあることからインプラントと歯周病との関連についても解説していきたいと思います。

メール無料相談は こちらをクリック
歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。
基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

オンライン予約 はこちらをクリック
オンラインで予約が行えます。


     院長履歴
1993年 神奈川歯科大学卒業
1993年 同大学歯周病学講座入局
1999年 日本歯周病学会専門医取得
1999年 東京都にて杉山歯科医院開業
2003年 I.T.Iメンバー認定
2005年 国際口腔インプラント学会認定医取得
2006年 大船駅北口歯科インプラントセンター開業

診療時間:9:30~18:00
休診日 :月曜日、木曜日、祝日
電話  :045-891-3334
住所  :神奈川県横浜市栄区笠間
    1―5―1リーフビル3階

カテゴリー
最近の記事
FC2カウンター
QRコード
携帯でもご覧頂けます。
QR
電力使用状況&電気予報
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。