スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治療回数をできるかぎり少なくする方法

7/ 1(金曜日)です。

このブログは、インプラントに関する基礎基礎を学ぶブログです。
毎週金曜日にアップしています。

今日のテーマは、『治療回数をできるかぎり少なくする方法』です。



インプラント治療は受けたいが、治療回数がかかったり、治療期間が長かったりするので無理
という方が多くいらっしゃいます。

それでは、インプラント治療には、具体的に何回くらいかかるのでしょうか?
また、どれくらいの期間で治療ができるのでしょうか?

答えとして、全てのインプラント治療が何回で終了するというような規定はありません。
それは、
『歯周病の程度』『噛み合わせの状態』
インプラントを埋込むのための骨の状態』
に大きく左右されるからです。

例えば、歯周病がある場合には、まず歯周病を治すことから始まります。
歯周病がある状態でインプラントを行うことは非常に危険です。
なぜかと言いますと歯周病の方は口腔内に『歯周病細菌』がいっぱいいます。
その『歯周病細菌』は、インプラントにも感染してしまうのです。

インプラントが歯周病になった状態をインプラント周囲炎(インプラントの歯周病) と言います。
インプラントも歯周病になってしまうのですよ。

そのため、まず歯周病の治療 が必要です。

歯周病の治療 回数は、その進行程度によりかなり違いますが、軽度であれば、数回の治療で済みますが、重度歯周病であった場合、10~20回程度かかることもあります。

しかし、歯周病の治療を行わないでインプラントを行うことは非常に危険なことです。
先程説明したように インプラントにも感染する だけでなく、
歯周病が進行すると最終的には、多くの歯(ほとんどの歯)を失うことになります。

そのため、まずインプラント治療の前に歯周病の検査を行うことは重要です。
そうでないと具体的なインプラントの回数も分からないのです。

次に骨の状態です。
インプラントは、骨の中にチタンでできたネジを埋込む治療です。
そのため、骨がしっかりしていないとインプラントは埋込めません。
骨が吸収する原因として、以下のことが考えられます。
1. 歯周病
2. 歯根破折
3. 歯がないまま長期間そのままになっている
等が考えられます。

骨の吸収が進行している場合には、骨を再生(増大、増骨)する治療が必要になります。

それでは、『歯周病』や『骨の状態』に問題がない場合にはどの程度の治療期間がかかるかを説明します。

ここではインプラント埋入から被せ物完成までの一般的な治療スケジュールを書きます。

1回目:インプラントの診査
2回目:インプラント手術(1本の埋込みで約5~10分)
3回目:抜糸(インプラントの埋込みから約7~10後)
4回目:型取り
    (下顎で約2~3ヶ月、上顎で約3~4ヶ月で
     インプラントと骨は結合します)
5回目:被せ装着
    (インプラントの本数にもより違いますが、
     1~3本程度であれば約10日程度で完成します)

思ってる以上に治療回数はかからないと思うかもしれません。
具体的な治療回数は、検査後になりますが、大切なことは早めに治療を開始することです。
時間がたってしまうと骨の状態が悪くなったり、歯周病等に問題がある場合には、
歯周病が進行してしまうことがあるからです。

しかし、これは歯がない状態でのことです。
これから抜歯してインプラントを埋込む場合には、上記よりさらに治療期間がかかります。
つまり、通常 抜歯した部位が治るまで、約2~3ヶ月かかるため、
インプラントを埋込む治療は抜歯した部位が治ってから行うことになります。

そこで、治療期間を短くする方法として、『抜歯した当日にインプラントを埋入』する方法があります。

この方法を『抜歯即時インプラント』と言います。
この詳細は、以下をご覧になって下さい。
      ・抜歯即時インプラント



それでは、すべてこの『抜歯即時インプラント』を行えば良いかと言いますと そうではありません。

『抜歯即時インプラント』が適応されるケースはさほど多くはありません。

基本的に、インプラントがきちんと埋込むことが可能な条件として、
埋込んだインプラントが安定する(グラグラしない)ことです。
抜歯前に歯周病 等で骨が吸収しているような状態では抜歯後にすぐにインプラントを埋込むことができないことの方が多いのです。

そのため、抜歯即時インプラント は、抜歯後にインプラントを埋込むための骨がしっかりしていないような状態ではできないのです。

次に 治療回数をできるかぎり少なくする方法として、
インプラントを埋込む手術当日に固定式の仮歯まで作製する方法について解説します。

この方法をインプラント即時加重(負荷):インプラント手術当日に固定式の仮歯まで行う治療法 と言います。

通常、インプラントを埋込んだ後には、インプラントを安静にする必要性があります。
インプラントと骨が結合(くっつく)することを例えて説明すると
腕 や 足 が 骨折した場合、ギブスをして暫く安静にしますよね。
骨折している部位を動かしたら、骨はくっつかないのです。
インプラントも同じです。
インプラントを骨の中に埋込んだ後には、安静にすることが大切です。
手術直後にインプラントに力を加えてしまうことは禁忌です。
安静が第一です。
そして、安静にする期間が約2~4ヶ月なのです。
場合によってはさらに長い期間がかかることもあります。

それでは、インプラント即時加重(負荷):インプラント手術当日に固定式の仮歯まで行う治療法 は、本当に大丈夫なのでしょうか?

答えとしては、一定の条件さえ守れば大丈夫です。
まず、埋込んだインプラントの安定が非常に良いということです。
次に、長いインプラントが埋込むことができた場合です。
単純に、長さの短いインプラントでは、噛む力を支える能力が低いですが、
非常に長いインプラントを埋込むことができれば、噛む力に抵抗できるのです。
また、1本のインプラント(少数のインプラント)ではインプラント即時加重(負荷) は難しいことが多いのです。
多くのインプラントを一度に埋込み、そのインプラントを全て連結して仮歯を作製することで、安定を得ることができます。

さまざまな条件がそろえば、インプラント即時加重(負荷):インプラント手術当日に固定式の仮歯まで行う治療法 は可能なのです。

インプラント治療を受ける患者様にとっては、
『いつ歯が入るのだろう?』
『早く噛めるようになりたい!』
と思われているはずです。

治療期間というのは骨の状態や噛み合わせ、欠損状態等さまざまな条件によって変わってきます。
そのため、治療前にきちんと検査をして、治療計画の内容を確認することが必要です。
また、患者様のご希望もきちんと話すことも大切です。


本日の基礎ブログはこれで終了です。
次回のインプラント基礎ブログは7/8(金)になります。



当医院のインプラント治療費の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
土台(アバットメント) の費用、
仮歯 の費用、
型を取る費用、治療経過のレントゲン撮影、セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法) の費用、
OAM(大口式)インプラントシステム の費用、
GBR法(骨増大法) の費用、
ソケットリフト法 の費用、
静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) の費用も含まれています。

インプラントモニター募集(手術費用20%割引)
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
      インプラントモニター(手術費用20%割引)


最近インプラント治療を行う際に静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) をご希望される方が非常に多くなってきています。
そこで、静脈内鎮静法 による麻酔をもっと多くの方にご利用していただくために 今まで3万円かかっていた費用を無料にしました。
これは、静脈内鎮静法 でインプラント治療を行いたいが、麻酔費用がかかるのがネックと考えられ断念されるケースがでてきたためです。
そのため、暫くの間 試験的に無料とさせていただくことにしました。
ご希望の方は、ご利用下さい。
圧倒的に楽にインプラント治療が行えます。


      インプラント無料相談
現在インプラント無料相談を受け付けています。
詳細は以下をご覧になって下さい。
      インプラント無料相談

2010年のオリコン(音楽のオリコンチャートが有名ですが…)の
顧客満足度の高いインプラント歯科医院(神奈川県版) で当医院が総合2位になりました。
  ・オリコン 2010年度版 顧客満足度の高い インプラント歯科医院ランキング神奈川県版

メインのブログは下記をクリックして下さい。
『日本歯周病学会歯周病専門医、国際インプラント学会認定医のブログ』

こちらのブログは、曜日 と 曜日にアップしています。
他ではないようなマニアックな内容です。
当医院で 毎日行われているインプラント手術報告も記載されています。
上記の メインブログ もこの後、引き続きどうぞご覧下さい!

   ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。



大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : インプラント最新情報
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : インプラント 歯科 歯科治療 大船 横浜 鎌倉 逗子 藤沢 戸塚 歯科医院

プロフィール

インプラント歯周病専門医

Author:インプラント歯周病専門医
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科 院長の杉山です。
現在、インプラントは歯科治療いとってなくてはならないものとなっています。
それとともにインプラント情報はさまざまなホームページにおいても記載してあります。
このブログではインプラントの基礎について簡単に解説したいと思います。
インプラントのマニアックなブログは以下をクリックして下さい。
日本歯周病学会歯周病専門医、国際インプラント学会認定医のブログ
また、院長はインプラント認定以外に日本歯周病学会の専門医でもあることからインプラントと歯周病との関連についても解説していきたいと思います。

メール無料相談は こちらをクリック
歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。
基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

オンライン予約 はこちらをクリック
オンラインで予約が行えます。


     院長履歴
1993年 神奈川歯科大学卒業
1993年 同大学歯周病学講座入局
1999年 日本歯周病学会専門医取得
1999年 東京都にて杉山歯科医院開業
2003年 I.T.Iメンバー認定
2005年 国際口腔インプラント学会認定医取得
2006年 大船駅北口歯科インプラントセンター開業

診療時間:9:30~18:00
休診日 :月曜日、木曜日、祝日
電話  :045-891-3334
住所  :神奈川県横浜市栄区笠間
    1―5―1リーフビル3階

カテゴリー
最近の記事
FC2カウンター
QRコード
携帯でもご覧頂けます。
QR
電力使用状況&電気予報
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。