スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い歯医者の見つけ方

良い歯医者の見分け方

どうしら良い歯科医院を見つけられるか?
インターネットで歯科医院を検索している方は以前通院していた歯科医院に不満を持っていたり、引越し等で新たに歯科医院を見つけたいが、どこに行ったら良いか等の問題を持っていると思います。
それではどんな歯科医院がいいのでしょうか?
混んでいる歯科医院?
きれいな歯科医院?
きちんとした答えは難しいですが、私が考える良い歯科医院というものをあげてみたいと思います。
初診時にきちんとした診査と説明があること
これは基本的なことですね。十分な説明なしでは治療は受けれません。
治療計画がしっかりしていること
ある程度全体的に治療を行う場合、どうしても治療計画が必要になります。
治療する歯科医師も綿密な治療計画なしでは行えません。
まずどのような治療をし、何回くらい治療がかかるのか?
治療方法の選択肢、将来的なこと、治療費等考えなければならないことがたくさんあります。
きちんとした治療計画をたている歯科医院は患者さんに対し、治療計画書をお渡しているかと思います。
治療計画書を患者さんにお渡ししている歯科医院というのは良い歯科医院の原則であると思います。
口腔内写真を撮っているところ
口腔内写真というのはレントゲン写真のことではありません。
通常のカメラで写す写真のことです。
では何故口腔内写真と撮っていることが良いことなのでしょう。
口腔内写真には大きな意味があります。
ます初診時の状態を記録することは大切であるからです。
治療前にどのような噛み合わせであったのか? 歯肉の状態(腫れの程度)はどうであったのか?等を記録するためです。 
そうした記録が残っていると後から(何年かたってから)自分自身が行った治療を振り返ることができます。自分自身が行った治療をいつも振り返ることは大切なことです。 
また私達は難しい症例は多くの先生と話合いどうしたらベストな治療ができるかを決めます。
その時に口腔内写真がないとディスカッションできません。
きちんとした先生は必ずと言っていいほど多くの学会に参加していたり、多くのスタディーグループと言われる勉強会に参加しています。
その時に口腔内写真や詳しい検査データがないとディスカッションできないのです。
歯科衛生士によるブラッシング指導がしっかりと行われている歯周病の治療はとくにそうですが、予防なくして治療はありません。
歯周病や虫歯が再発しないためには予防が大切なのです。
そのためには毎日の歯ブラシがどれだけ正確にできているかが重要です。
歯周病や虫歯になるということは多くの場合、毎日のブラッシングに問題があることが多いのです。特に歯周病の治療を行う場合にはラッシングがきちんとできないと治療だけ行っても必ずと言っていいほど再発をします。
そのため歯周病治療を行う前に歯科衛生士によるブラッシング指導を行います。
ブラッシング指導を行わないで歯周病治療を行う歯科医院は良い歯科医院とは言えません。
衛生管理がきちんとしている歯科医院
病院が汚れていたり、治療器具が汚れていたりする医院は良いとはいえません。
衛生管理はが悪いと必ず治療に影響を及ぼします。
真剣に治療に取り組んでいる先生は病院の衛生管理にも気を使っているはずです。
また感染予防上グローブをして治療を行うことは基本中の基本です。
専門医を取得している先生であること
歯周病の専門医(認定医)やインプラントの専門医(認定医)を取得していることは病院を選択する一つです。ただし、専門医を取得していないからといってその先生が治療ができないということはありません。専門医を取得していなくてもすばらしい先生はいます。
しかし、そうした先生を探し出すのは困難なことです。
どこの医院に行ったら良いかと悩んでいる方はまず専門医にかかった方が無難です。
専門医は医院を選択される一つの目安となります。
しかし、逆に専門医を取得していてもダメな先生もいます。
最後に…
最後に治療の説明の際に先生の真剣さが伝わるかどうかということです。

良い歯医者の見つけ方:その2

はじめに

『良い歯科医院』はどのように見つけたらいいのでしょうか?
結論から言いますと『良い歯科医院』 のある一定の基準はありますが、
100%となると難しいですね。
特に患者さんご自身で 良い歯科医院 を選択することはなかなか大変なことです。

例えば、
治療回数が長く、1回の治療時間も長い歯科医院は『下手』なのでしょうか?
治療が早く終わったから『うまい』歯科医院なのでしょうか?
もちろん治療が早いにこしたことはありません。
もしかすると本当に『下手』だから治療回数がかかったり、
時間が長くかかるのかもしれません。
しかし、逆に言えば、
治療が『丁寧』だからこそ時間がかかったのかもしれません。
治療が早いのは『手抜き?』だったのかもしれません。

こんなことも考えられます。
ここだけの話ですよ!

虫歯 を取(削る)時に徹底(完璧に)して虫歯 を取り除くと
神経を 刺激する 可能性があるため 治療後に痛みが出る 可能性があります。
もちろん 治療時間 もかかります。

しかし、虫歯を 徹底して取り除かない先生(虫歯を取り残して治療を終了する)は、歯を削る量が少ないために あまり神経を刺激しません。
そのため 治療後に痛みがでることは少ないのです。
治療時間もあっと言う間に終わります。
場合によっては麻酔をしないかもしれません。

麻酔をしないで痛みも出ない、さらに治療時間も短い…
良い先生ですね。

また こんなこともあるかもしれません。
これもここだけの内緒の話ですよ!
できるかぎり 神経を取らないように治療する先生は 虫歯を取るにも時間がかかります。
もしかしたら、治療後に痛みがでるかもしれません。

別の先生は 虫歯の治療後に 痛みが出る可能性が少しでも考えられた場合には
すぐ神経を取ります。
後で痛いなんてクレームがでませんし、神経がないために
後日 同部の治療をする時に 麻酔をする必要性がありません。
何度も麻酔を しませんし、痛みもでません。
一見『良い歯医者』かもしれません。

ちなみに神経を取った方が圧倒的に不利になりますから…

まあ こんな先生はいないと思いますが…(?)
“ 例え ”の話です。

こんな話言い出せばきりがありません。

なにが言いたいのかといいますと

患者様自身 が歯科医の技量を見極めることは非常に困難だということです。

以下は『良い歯医者』を見つけるポイントです。

『良い歯医者』を見つけるポイント:その1

まずは『根管治療』がいかに丁寧にできるかというテーマです。
『根管治療』とは
1 『歯の神経を取り除く治療』や
2 『以前神経を取った場所が化膿してしまった場合の治療』
です。
なぜこの治療が良い歯科医院をみつけるポイントかと言いますと
『根管治療』には時間がかかり、
その細かさが非常によくあらわれるからです。

また言い方は悪いですが、歯科医院によっては 
一番『手を抜かれる治療』だからです。

『手を抜かれる治療』理由の一つとして保険診療 の評価があります。
日本とアメリカで『根管治療』を行った場合、約10~20倍の治療費の差があります。(保険の10割負担として考えても)
もちろん日本の方が安いということになります。

アメリカでは『根管治療』は難易度が高い治療であり、時間もかかるということから治療に対する 評価が高い治療になっています。

しかし、日本ではその評価があまりにも低いのです。

日本に健康保険法ができた時、日本の歯科医療はまだまだ
レベルが高いとは言えない状況でした。(一部の優秀な先生を除きます)
その状態で健康保険法ができ、
また、健康保険はできるかぎり多くの国民が安い治療費で受けられるというのが一つの目的あったため
技術的な問題をのこしたまま 評価の低い治療となってしまたのです。

しかし、問題の多くは歯科医師自身にあったと思います。
いくら『根管治療』の評価が低くても
がんばって治療することは医療人として当然のことです。
正しい治療ができなければなんのための治療なのでしょう。

例えば、奥歯の神経を取る治療を行ったとします。
治療時間は最低でも30分はかかるでしょう。
状況によれば1時間はかかります。

そう考えると私達歯科医師は1日に診療できる人数は10人以下ということになります。
当医院では1人のドクターが1日に診察する患者様の人数は5~6人です。
それ以上は現実的に難しいからです。

しかし、1日に診察する患者様が5~6人しかいなければ病院の経営は厳しいものでしょう。

昔は1人で100人も200人も診察していた頃もあったのですから
『根管治療』なんて十分できるはずがないのです。

わざと『手を抜いている』のではなく、時間がなくできていないのです。
しかし、この時間がなく、保険の評価が低いということに甘えて十分な時間をかけず、『根管治療』を行ってきた歯科医師自身に一番問題があったことは事実です。

話は戻りますが、こうしたことに時間を十分かけて行っている歯科医院は
良い歯科医院のポイントです。

ただし、誤解していただきたくないのが、『手を抜いている』歯科医院は一部であるということです。
たしかに『根管治療』に十分時間をかけられない歯科医院があるのも現実的なことです。
そうした場合には通院回数は増えますが、治療を何回かに分けて行っているということも現状です。

1日の診療人数が多い歯科医院では
『根管治療』に1時間以上かけることは難しいのです。

そのため『根管治療専門医』の先生は保険診療で行っていません。
『質』を第一に考えているからです。
時間や費用に治療内容を惑わされないように
『医療の質』の追求をすると
どうしても保険診療では無理があると考えられた先生達です。

私はこの『根管治療専門医』は非常にすばらしい先生であると思っています。

『根管治療』は審美(美容)歯科等の患者様から見える派手さはありません。
地味ではありますが、大変な治療です。
患者様のご理解を得るのも難しい治療内容です。
しかし、そうした治療に『質』をもとめて行っている姿勢こそ、医療の本当の姿かと思います。

『根管治療専門医』、もしくは『根管治療』を丁寧に行っている先生はおすすめの歯科医院であると断言してもいいでしょう。

『良い歯医者』を見つけるポイント:その2

ポイント2は『歯周病と良い歯医者』についてです。

歯科治療を行う際には 『歯周病の検査』を行った方が良いでしょう。

特に、インプラント治療や義歯(部分義歯)を作製する時には絶対に必要です。

もし、歯周病がある状態でインプラントを行うと インプラントにも歯周病細菌は感染 (インプラント周囲炎)しますし、天然歯がダメになれば またその部位にインプラントを行うことになるかもしれません。
一度治療した部位がきちんと問題なく残っていくためには
まず最初に十分な検査を行うことが大切です。

義歯にしてもそうです。
歯がないから部分義歯にするわけですが、
残っている歯がまたダメになったら、抜歯をし、新しく義歯を作製することになります。
こうしたことを繰り返すうちに歯がどんどんとなくなっていき、最終的には総義歯になっていくのです。

そうならないためにも最初に徹底した検査は大切です。

十分な歯周病の検査を行うというのは歯科治療において大切な条件です。

逆に言えば、十分な 歯周病検査および治療を行っていない歯科医院は問題があると思います。

歯周病を主訴として当医院に来院される患者様の多くは、
今までに歯周病の検査を受けたことがないと言います。
『もっと早く、歯周病の検査を受けていれば…』
と思います。
歯周病の検査さほど難しくない検査です。
特別な検査器具が必要なわけではありません。

歯周病の治療を希望された患者様に
『今まで歯周病の治療を受けたことがありますか?』
と質問しますと、
何人かの患者様は
『はい』
『歯石を時々とってもらっていました』
と言われます。
ある程度進行した歯周病の場合、単に歯石を取るだけでは治療にはなりません。
きしんとした歯周病の治療が必要です。

十分な歯周病の検査ときちんした歯周病の治療を行っている歯科医院こそ
『良い歯科医院』の一つの基準です。

良い歯医者』を見つけるポイント:その3

次のテーマは『環境設備がきちんとしている歯科医院は良い歯科医院』という話です。
環境設備の中でも特に 『インプラン手術における環境設備』についてお話したいと思います。

インプラントが成功するためには衛生環境はかかせないことです。
そのためにはインプラント手術を行う場所は 『専用の手術室』が適切であると考えられます。

もちろん『専用の手術室』を備えていることが良いですが、
増えてはいるものの全ての歯科医院に手術室があるわけではありません。
手術室がない歯科医院の方が多いかと思います。

インプラントは外科処置ですので手術室で行う必要性がありますが、
手術室がない歯科医院でもインプラント手術は可能です。

インプラント手術の中でも 簡単な治療で20~30分程度で終了するような手術であれば 通常の歯科診療台でも問題ないかと思います。

しかし それには条件があります。
まず
『インプラントを行う前に徹底して診療台を“ 滅菌薬 ”等できれいにすること』、
『インプラントを行っている隣で歯を削っているような環境ではないこと』、
『病院内が比較的ほこりのたたない空気のきれいな時間帯(朝一番とか)に行うこと』
等が一つの条件かと思います。

今まで通常に歯を削っていた場所で、滅菌管理もせず、隣では普通に診療しているような環境では良い治療はできません。

インプラント治療を受けられる際には専用手術室ではなくても どのような環境で行う(治療の時間帯も…)のか聞いてみるとよいでしょう。

インプラント手術に際してどれだけ先生が注意をしているかということは大切なことです。

もちろんインプラントの成功はインプラント治療を行う術者の技術的な部分が大きいのですが、この衛生環境も大切なことです。

『インプラント手術を行う環境が整っている歯科医院は良い歯科医院』の一つの基準です。

『良い歯医者』を見つけるポイント:その4

次のポイントは『治療計画著がきちんと作られているのは良い歯科医院』という話です。

歯科医院にて 治療計画書をもらったことはありますか?

治療計画書とは
1 検査の結果
2 治療の診断(名)
3 検査の説明(状態の概要)
4  治療方法
 ( どんな治療方法があるのか、治療方法の選択)  
5  治療期間(治療回数)
6  治療費
7  保証

等です。
虫歯1歯の治療等の場合、このような細かい治療計画はないかと思いますが、
『多数の治療が必要で処置が口腔内全体になるような場合』、
『歯周病治療等で治療期間が長い場合』、
『インプラントや審美歯科等で治療の費用がかかる場合』
等は
どうしても治療計画が必要です。
患者様にとっても上記の1~7のようなことは当然知りたいことです。
また歯科医師側にとっても治療計画をきちんとたて書面で保存しておくことは非常に大切なことです。

でもこの治療計画を作製するのは結構大変なのです。

私も毎日治療計画をたてているのですが、
多い日で1日5~6時間はこの治療計画の作製に時間がかかります。
少ない日でも2時間以上は治療計画作成を行っています。

新規の患者様が多かった時には
1日の大半が治療計画作成の時間になります。

特に複雑な症例ではまず資料をまとめることにかなりの時間がかかります。

例えば、噛み合わせの問題があると思われた場合、
歯型を取り、患者様の噛み合わせを再現するために
『咬合器』という装置にその歯型を装着します。
これにより患者様個人の噛み合わせが再現できるのです。
そして再現された咬合器上の患者様の模型で問題点を見つけたり、
治療の方針をたてるのです。

また撮影したレントゲンはコンピューター処理を行い、
コンピューター上で治療のシュミレーションを行います。
特にCT撮影を行った場合には 3次元のレントゲンシュミレーションを行います。

こうした治療のシュミレーションは
例えば、インプラント治療をご希望の場合には
インプラントシュミレーションとして患者様にもプリントアウトしたものをお渡ししています。

また治療が口腔内全体になるような場合には検査として
お口の中の写真(通常の風景等をとるようなデジタルカメラです)
を治療の前(初診時)や治療途中、治療後に撮影します。
特に初診時の口腔内の写真は大切です。

治療が進むと最初(初診時)の状態は分からなくなってしまいます。
もともと どのような状態であったのか?
噛み合わせはどうだったのか?
歯肉の状態はどうであったのか?
が治療が進むと分からなくなってしまいます。

また複雑(難しい)なケースの場合、1人の歯科医師が全て担当するのではなく、できるかぎり多くの歯科医師 が治療計画に携わります。
1人の歯科医師の考えでは正確な治療計画にはならないかもしれないからです。
1人の症例に対し、できるかぎり多くの歯科医師でディスカッションすることにより、治療計画の片寄りをなくすことができます。

また治療途中での写真は治療を進めていく中で、
再度検討する資料として大切なことです。

患者様1人、1人の治療を行うためには
その裏でかなりの時間がかかっているのです、
またこうした治療計画がなければ、治療はうまく進みません。

また治療が複雑なケースや 時間(期間)がかかる場合、
口腔内全体的な治療の場合には、
診療を受ける患者様にとっても適切な治療計画がないと不安なものです。

まず先にあったような(1~7)治療計画書をもらう必要性があります。

『徹底した検査と治療計画書がある歯科医院は良い歯科医院』
の一つだと思います。

『良い歯医者』を見つけるポイント:その5

次のポイントは
『メインテナンスをきちんと行っている歯科は良い歯科医院』と
いう話をしたいと思います。
歯科治療が終了したら メインテナンス(定期検査)は重要です。

専門的にはこのメインテナンスは2つに分かれます。

日本歯周病学会での考え方では『定期検査』は以下の2つに分類されます。

1 『メインテナンス』
2 『サポーティブセラピー』

です。
なにが違うのかと言うと

1 の『メインテナンス』はいわゆる定期検査です。
時々歯科医院に来てもらい、
歯周病や虫歯、噛み合わせ等に問題はないか?
等をチェックするものです。
『経過観察』という意味合いが強いものです。

2 の『サポーティブセラピー』は
歯科医院側が主導となって定期的に歯石と取ったりすることです。
これは特に歯周病の患者様に対して行うものです。
『良い状態を維持するための 歯科医院主導型の 積極的な口腔清掃』
という意味合いが強いものです。

歯周病は一度治療を行っても再発がしやすい疾患です。
再発の原因はいくつかありますが、
第一の原因は汚れです。
簡単に言いますと歯ブラシで取れなかった食べかす(汚れ)です。
毎食後に歯ブラシを100%(完璧に)行うことは困難なことです。
そのため、
『定期的に歯科医院にてその不足分を補っていきましょう』
ということです。
『サポーティブセラピー』は
サポート(手伝う、補助する)
セラピー(治療、処置)
を合わせた用語です。

そして『サポーティブセラピー』で歯科医師もしくは歯科衛生士が行う
口腔清掃を
『プロフェッショナル・トゥース・クリーニング』
と言います。

『メインテナンスをきちんと行っている歯科は良い歯科医院』ということです。

『良い歯医者』を見つけるポイント:その6

次のポイントは治療の内容の話ではありません。
治療費について話したいと思います。

保険診療においてほとんど患者様は治療費の3割を会計で支払っています。
みなさんこの治療費の内訳知っていますか?

最近はどの医療機関でも治療費の明細を患者様にお渡することが“ 義務 ”
づけられています。
絶対に出さないといけないのです。
“ 義務 ”ですから。

以前は“ 義務 ”ではなかったため詳細を知らないで支払っている患者様も
いらしたと思います。

でも、もっともっと細かい処置内容はご存知でしょうか?
治療費に不振を感じたら さらに細かい明細を必ずもらって下さい。
場合によっては カルテをコピー してもらっても良いでしょう。

ただし、カルテの開示(コピー)は、医院側が断ることもできます。
『カルテの開示』は義務にはなっていないからです。(2007年現在)
しかし、医科のカルテとは違い、“ガン”等ですぐ状態を告知することができない場合等があるわけではありません。
一般歯科診療所のカルテ内容なんて見て困ることはまずないでしょう。

基本的に本人であれば患者様の要求を断る理由はありません。

一般的な話をすれば、
物を買うと明細書が出ますし、
食事をしても明細書は出ます。
家を購入した場合、
壁紙が単位いくら、床材が単位いくら、と言った具合に
細かく明細は出ます。

医療ぐらいです。
アバウトな明細しかないのは…

こうした患者様の要求があっても 断るような歯科医院は
良い歯科医院とは言えません。

先程書きましたようにカルテの開示は“ 義務 ”ではありませんが、
治療の細かい明細を出すことはもちろんできるはずです。

治療費が明瞭であることは大切なことです。
もちろんほとんどの歯科医院では正当な治療費ですが、
どこの世界にも問題のある人はいます。

治療費もその一つです。
明瞭な治療費も良い歯科医院の一つの基準であると思います。

『良い歯医者』を見つけるポイント:その7

次のポイントは『1日の診療人数』です。

歯科医師一人が1日で診療できる人数には限界があります。

ただし、歯科医師1人が1日で診療できる人数は
どのような治療をメインに行っているかによっても違います。

例えば1歯、1歯の虫歯の治療等だけを行っている歯科医院と
大きな手術を行っている歯科医院 とでは全く違います。

大きな手術とは インプラント治療における骨の移植手術 (サイナスリフト法)等です。
このような手術の場合、長ければ治療前の説明、麻酔の時間、手術時間、手術後(注意事項)の時間等を合わせると、2~3時間かかることもあります。

また『噛み合わせ 等の治療で 口腔内全体の被せ物を行うような場合』
にも1人の患者様で2~3時間かかることも よくあります。

さまざまな治療があり、もちろん長くかかる治療もあれば、すぐ終了する治療もあります。
丁寧に治療を行えば、平均的なところ1日で1人の歯科医師が診察できる人数は10~20人程度でしょう。

それ以上は現実的には難しいかと思います。

例えばこのテーマで、
『根管治療を丁寧に行っている歯科医院』は
良い歯科医院の一つの基準であるとお話しました。
そして奥歯の神経を取る治療等(根管治療)は30~60分はかかることもお話しました。
そうした治療(治療時間)では1日20人程度の診察が限界であることはお分かりになると思います。

しかし、1日10人程診療人数 だとすると
ほとんどの歯科医院は閉院となるでしょう。

特にテナント開業で、従業員が何人もいる場合にはまず無理でしょう。

そのため1日ある程度の人数を診療する必要性があります。

こうした『数』の制限のある中では『質』を求める歯科治療は難しいかと思います。

歯科治療は『職人の治療』とうい面が強い医療ですから、時間がかかります。

もし、家を建てるとした場合、
一定期間に何件もの家を建てるため、慌ただしく何件もの家を並行しながら建築する大工さんと
じっくり1件づつ家を建てる大工さん
どちらがいいですか?

1人の歯科医師があまりにも診療する人数が多い歯科医院には問題があると思いますし、
30分待ち、5分治療では良い治療になるはずもありません。

十分時間をかけて治療する歯科医院は良い歯科医院の一つの基準です。

『良い歯医者』を見つけるポイント:その8

歯科医院にかかる時には
受ける治療がどのような治療であり、
治療の選択肢は他にあるのか?
利点、欠点は?
将来的なことは?
等を十分理解してから治療を開始されることが必要です。

十分納得するまでご理解された上で治療を開始することが大切です。
そこで今日のテーマは
『将来性を見据えた上で十分な説明がある歯科医院』
は良い歯科医院であるという話です。
具体的には
『虫歯の治療において将来性を見据えた上で十分な説明がある歯科医院』
です。

例えば、非常に虫歯が深く、神経を取り除く可能性がある場合にはいくつかの選択肢があります。
1. 虫歯が深いため基本的には神経を取り除く
2. 徹底的に虫歯は取り除き、神経の痛みをおさえる薬を置き、
   経過を見る。
   痛みがでないことを確認し、型を取る。(神経は取らない)
3. 虫歯をある程度取り除き『3-Mix MP法』という薬を入れた治療法を行
  う。(神経は取らない)

虫歯が非常に深い場合には上記の3つの方法が考えられます。
(ただし、虫歯が神経まで達していた場合や、ズキズキするような自発痛がある場合には神経を取り除くという選択になります)

ちなみに『3-Mix MP法』とは
できる限り歯(虫歯)を削らずに虫歯細菌を死滅させる薬を使用することにより最小限の治療を行うという治療法です。

1~3のどれが良くてどれが悪い治療法ということではありません。
治療する先生の考え方によっても違います。

まず、大切なのは治療する歯の将来的なことです。
できるかぎり神経を取らないことが歯にとって大切なことです。
神経がない歯は神経がある歯と比較すると
トラブルが起ることが多いのが現状だからです。
できるかぎり神経を取らない治療を行いたいものです。

2 と 3 はそのための方法です。
特に 3 の『3-Mix MP法』は虫歯が深い場合には有効な方法として最近テレビ等でも報道されており、患者様もご存知の方も多いかと思います。

『神経を取らない新しい治療法』として報道されていますが、全てに適応されるわけではありません。

当医院でもこの『3-Mix MP法』は行っていますが、
この方法(『3-Mix MP法』)しかない!
というようなことは少ないと感じています。
『3-Mix MP法』は限られた治療であると思います。

報道の中の『3-Mix MP法』の解釈としては
歯を削らずに、神経も取らずに治療を行うため
すばらしい治療法であるということになっていますが、
そんなにうまくはいきません。

歯を削らないということは虫歯を完全には取り除かないということです。
理論的には『3-Mix MP法』に使用する薬で“虫歯菌”は完全に
死滅するため問題はないということになっていますが、
全ての症例において本当にそのようなことが行っているかという疑問は残ります。

理論と実際のところでは違うと思われます。
虫歯を取り残した場合、当然のことながら残った虫歯は進行していきます。

それであればはじめからきちんと虫歯をとった方がいのでは…
と思います。

虫歯治療の基本的な考え方として、
まず『きちんと虫歯を取り除く』
ということだと思います。

ただし、この虫歯の部分を削って取ると、神経を刺激してしまう可能性がある場合には『3-Mix MP法』を選択することもあります。

さまざまなことを勉強して来院される患者様の中には
どうしても『3-Mix MP法』を使用して虫歯の治療を行いたい
という希望をもっていらっしゃる場合もあります。

『3-Mix MP法』が万能だと思っているからです。

テレビの影響は怖いもので、限られた時間で全てを報道するのには限界があるため、時には誤解を生じてしまうこともあります。

インプラントにしてもそうです。
現在、インターネットを通じてさまざまな情報を簡単に得ることができます。
その反面、正しくない情報も伝わっていること現状です。
私達医療サイドは『科学的根拠に基づく情報』を的確に患者様にお伝えすることが必要です。

話はズレてしまったところもありますが、
『科学的根拠をもった情報を正確に患者様に伝えている歯科医師は良い歯科医院』というお話です。

『良い歯医者』を見つけるポイント:その9

次のポイントは先程の続きになります。

虫歯の治療を行う際に最も重点をおいて考えることは
『できるかぎり歯を削る部分を少なくする』、
『神経はできるかぎり取らない』
ということです。
もちろん痛くなく治療を行うことは大切です。

削った歯は元に戻ることはありませんし、取った神経も元には戻りません。
また 神経のない歯は脆く、通常の噛む力でも歯が折れてしまったりします。
また神経のない歯は 虫歯になっても痛みが出ないため、気づきにくいことがあります。
さらに神経のない歯 は基本的に歯を全体的に削り、被せ物を行います。
この『被せ物の精度』が良くないと 汚れがつきやすく、虫歯や歯周病になりやすいことがあります。

神経のない歯は神経のある歯と比較してダメになる確率は高いのが現状です。

そのため上記にある2. と 3. の方法をできるかぎり行いたいものです。
しかし、そのためにはリスクもあります。

虫歯が神経と非常に近い場合、
歯を削る段階で刺激が神経に伝わってしまいます。
もちろんできるかぎり刺激が伝わらないように圧力をかけないように削ったり、
削る器具からは水が大量に噴射されます。
削る器具による発熱をおさえるためです。

しかし、それでも刺激が伝わることを100%防止するのは難しいことです。
そのため
2. の
徹底的に虫歯は取り除き、神経の痛みをおさえる薬を置き、経過を見る。
痛みがでないことを確認し、型を取る。(神経は取らない)

という治療を選択した場合、治療後に痛みが出ることがあります。
もし治療後に痛みが出た場合、患者様は苦痛を伴うことになるわけですから
事前の説明が非常に大切になります。
患者様の同意を得ることが必要になります。

つまり、虫歯が非常に深く、神経の近くまで達するような場合、
まず『虫歯の状態』をお話します。
次に『治療の選択肢』をお話します。
そして『神経を取ることの欠点』をお話します。
また『神経を取らない場合には治療後に痛みが生じる可能性がある』ことをお話します。

その上で患者様のご理解上、治療方針が決まります。

かなり時間がかかることです。
場合により虫歯1歯の治療を行うだけでも1時間以上かかることがあります。

そのため虫歯が深い場合、なにも説明せずに神経を取り除く歯科医師もいるのも現状です。

今日は虫歯が深い場合、その状況をきちんと説明し、治療後のことも含め、治療の選択肢を説明してくれる歯科医師こそ良い歯科医院の一つの基準というお話です。

きちんとした説明があってこそ、正しい治療なのです。

ちなみに当医院にインプラント治療を希望されて来院される患者様の2割程度は 歯が割れて抜歯したもしくは抜歯と診断されたケースです。
歯が割れるのは神経がないことが大きな理由です。

最後に!

最後のポイントは今までとは違い、治療を受ける『患者様側』のお話です。

みなさん歯科治療は嫌なものですよね。

時には痛みがあったり、
麻酔をしたり、
何回も通院したり
治療費の問題もあります。

今回の『良い歯科医院の見つけ方』でお話した内容は説明を含め治療には非常に時間がかかります。
そのため、患者様ご自身にも協力をしていただきたいと思います。
その一つとして 歯周病の治療があります。
歯周病は生活習慣病であり、病院側の一方的な治療だけでは治りません。
基本は患者様の毎食後の歯ブラシが重要になってきます。
また歯周病は再発する可能性が高い疾患です。
そのため歯周病の治療後はできれば3ヶ月に1回は来院していただきたいと思います。 (サポーティブサラピー:メインテナンス)

それ以外には 食生活、睡眠、運動 等の生活習慣の改善です。
これは『糖尿病』の治療と似ています。
病院で出される薬を飲んでいれば『糖尿病』は ならない もしくは再発しないということではありません。
まず、『糖尿病』になった原因を改善し、それを維持し、さらによくなるような運動であったり、ストレスをかけない生活スタイルが大切です。

歯周病もまったく同じです。
歯周病も全身の一つですから局所(口腔内)の治療だけでは治癒しません。
『患者様の協力』が必要なのです。

また“ 喫煙 ”されている場合には是非 『禁煙』 して下さい。
歯周病と“ 喫煙 ”は非常に密接な関係があります。
“ 喫煙 ”されている方は基本的には完治しないと思って下さい。

これは インプラントにも関係します。
口腔内はタバコの煙が直接、歯肉等の粘膜に触れます。
『禁煙』これは患者様にどうしても行っていただきたいことです。

次に歯周病、インプラントともにリスクのあるのが『噛み合わせ』です。
『きちんとした噛み合わせ』は歯周病の再発リスクとインプラントがダメになるのを防止します。
そのため、歯周病治療やインプラント治療をされる場合には『噛み合わせの検査と治療』が大切です。

歯周病やインプラントを主訴として来院された場合、噛み合わせの治療が大変だったりするとどうしても避けてしまう傾向があります。
これからの将来を考えた場合には少しでもリスクを低い状態にすることは大切です。

またこの噛み合わせと同様に大切なのは 『くいしばり』や『歯ぎしり』です。
簡単にお話しますと、『くいしばり』や『歯ぎしり』による力はあまりにも歯やインプラントにとっては大敵です。
その防止策が必要となります。
治療方法はいくつかありますが、
もっとも一般的には『ナイトガード』と言われる『マウスピース』です。
これは就寝時に装着していただくものです。
毎日寝ている時に『マウスピース』をするわけですから最初は違和感があります。
次第になれてきますが…
患者様にも努力していただくことは他にもいくつもあります。

治療回数(通院)も大変なことと思われます。
1本の虫歯の治療であれば1回で終了することもありますが、
重度の歯周病だったりすると治療回数はかなり長くなります。
この点は患者様ご自身にがんばっていただくしかないことです。

病気を治すためには医療側だけでは難しい面もあります。

『良い歯科医院の見つけ方』はどうでしたか?

このページを見ていらっしゃる方は歯科治療に興味がある方だと思います。

また今まで受けた歯科治療に疑問があったり、満足していない場合もあるかと思います。

いくつかの歯科医院で治療を受けてみるのも一つの方法ですが、現実的ではありません。

今は、インターネットという便利なものが利用できる時代ですからそれを活用するのも一つの方法です。

ホームページ上から診療相談もあります。
診療相談の受け答えでもその先生の診療に対する意識はわかることもあります。

是非良い歯科治療を受けていただきたいと思います。


インプラント歯周病専門医
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歯科治療
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

メンテナンスガイド

メンテナンスの検索サイト。車メンテナンス、ビルメンテナンス、パソコン、ロードバイク、バイクなどメンテナンスに関する各種情報をお届けしています。 http://dlay.hartmerrell.com/

ネイル

ネイルを探すなら http://www.so-blue.com/100939/201454/

ケラチンをダイエットに活用する

ケラチンとは、硫黄をふくんだタンパク質のことで毛髪、爪、皮膚の角質層を形成するための成分です http://fight.sabellsenterprises.com/

30代,40代で転職して航空整備士

航空整備士は、飛行機の航空の安全を守る、機体整備の専門家 http://lactescent.rcrane4law.com/

ぇへへ♪

どぅてぃ君かぁゅぃよぉ>ω<///
誰かみなことヱッ痴してくれないかなぁ??
http://cham-news.net/s_woman/
プロフィール

インプラント歯周病専門医

Author:インプラント歯周病専門医
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科 院長の杉山です。
現在、インプラントは歯科治療いとってなくてはならないものとなっています。
それとともにインプラント情報はさまざまなホームページにおいても記載してあります。
このブログではインプラントの基礎について簡単に解説したいと思います。
インプラントのマニアックなブログは以下をクリックして下さい。
日本歯周病学会歯周病専門医、国際インプラント学会認定医のブログ
また、院長はインプラント認定以外に日本歯周病学会の専門医でもあることからインプラントと歯周病との関連についても解説していきたいと思います。

メール無料相談は こちらをクリック
歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。
基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

オンライン予約 はこちらをクリック
オンラインで予約が行えます。


     院長履歴
1993年 神奈川歯科大学卒業
1993年 同大学歯周病学講座入局
1999年 日本歯周病学会専門医取得
1999年 東京都にて杉山歯科医院開業
2003年 I.T.Iメンバー認定
2005年 国際口腔インプラント学会認定医取得
2006年 大船駅北口歯科インプラントセンター開業

診療時間:9:30~18:00
休診日 :月曜日、木曜日、祝日
電話  :045-891-3334
住所  :神奈川県横浜市栄区笠間
    1―5―1リーフビル3階

カテゴリー
最近の記事
FC2カウンター
QRコード
携帯でもご覧頂けます。
QR
電力使用状況&電気予報
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。