スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプラント治療における滅菌(感染予防)について:その4

9/9(金曜日)です。

始めに休診のお知らせです。

• 9/18(日)はインプラント学会のため休診となります。

• 9/24(土)は歯周病学会のため休診となります。
 *前日の23日も祝日のため、代わりに9/23(木)は診療となります。

このブログは、インプラントに関する基礎基礎を学ぶブログです。
毎週金曜日にアップしています。

今日のテーマは、『インプラント治療における滅菌(感染予防)について:その4』です。


前回のブログではB型肝炎ウイルス(HBV)、C型肝炎ウイルス(HCV)について解説しました。
今日はもう少し詳しく解説します。

今日は、院内感染を防止するための方法の中でも特に薬液による 感染予防を対策について解説したいと思います。

感染予防対策に効果がある薬品は、高水準消毒から低水準消毒まであります。
使用用途については、器具の種類、粘膜等によって違ってきます。

1.高水準消毒液

・グルタール
グルタールは、高水準の消毒薬であり、グラム陽性菌、グラム陰性菌、結核 菌、真菌、ウイルス、芽胞に有効な薬材です。
薬材効果は非常に高いですが、手指、皮膚などへは手荒れを招く場合が多いため生体に使用されることはあまりありません。
主として高圧蒸気滅菌 が使用できないプラスチック製品 等の消毒に用いられます。

2.中水準消毒液

・エタノール
エタノールは、古くから使用されている消毒薬で、グラム陽性菌、グラム陰性菌、結核菌、真菌、ウイルスに有効であるが、芽胞には無効です。
医療用としては消毒用エタノール(70w/w%)として使用されています。
使用方法としては、速効的であり揮発性が高いため ガーゼや脱脂綿に含ませ、手指や手の触れる器具等の消毒に用います。

・ポビドンヨード
皮膚に対する刺激が少なく、グラム陽性菌、グラム陰性菌、結核菌、真菌、B型肝炎ウイルス、エイズウイルスに有効である。
手術部位の皮膚 や 皮膚の創傷部位 をはじめ 幅広く使用されています。
持続効果においてはクロルヘキシジンよりも劣ります。

・次亜塩素酸ナトリウム
低濃度においても速効的で、グラム陽性菌、グラム陰性菌、真菌、一部の芽胞に有効であり、B型肝炎ウイルス、エイズウイルスに対して信頼のおける消毒薬である。
しかし、金属に対する腐食性が高いため ガラス や プラスチック製品などに使用されています。
手指、皮膚などへは手荒れを招く場合が多いため 生体に使用されることはあまりありません。
歯科領域では歯の根の中の消毒に使用されています。


3.低水準消毒液

・グルコン酸クロルヘキシジン
皮膚に対する刺激が少なく、グラム陽性菌、グラム陰性菌、多くの真菌に有効な薬剤です。
結核菌、多くのウイルス、芽胞には無効である。
口腔内はグラム陽性菌、グラム陰性菌が多く存在しており、持続的な抗菌作用を発揮するため 皮膚等の消毒 や うがい薬 として使用されます。


4.高圧蒸気滅菌器による滅菌

通常 歯科医院で診療で使用した器具(金属類)は、超音波洗浄を行い、高圧蒸気滅菌器という装置を使用して滅菌します。
これは、飽和蒸気中で121℃、2気圧で、30分間の器具の滅菌を行います。
歯科医院でもっとも良く行われている確実な滅菌法です。
化膿球菌 や MRSA、 B型肝炎ウイルス、AIDSウイルスなどは この高圧蒸気滅菌を行うことで滅菌できます。
治療で使用した金属製の器具は 全てこの滅菌法を使用します。
その後この状態を維持するために 紫外線殺菌器高圧蒸気滅菌に入れ、使用する直前まで保管されます。



5.ディスポーザブル製品の使用
針やメス、注射針、縫合糸はもちろんのこと紙コップ、エプロン、グローブ等も使い捨てにできる物は すべてディスポーザブルにすることが最も確実です。



次回のインプラント基礎ブログは、9/16(金)になります。



当医院のインプラント治療費の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
土台(アバットメント) の費用、
仮歯 の費用、
型を取る費用、治療経過のレントゲン撮影、セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法) の費用、
OAM(大口式)インプラントシステム の費用、
GBR法(骨増大法) の費用、
ソケットリフト法 の費用、
静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) の費用も含まれています。

インプラントモニター募集(手術費用20%割引)
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
      インプラントモニター(手術費用20%割引)

最近インプラント治療を行う際に静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) をご希望される方が非常に多くなってきています。
そこで、静脈内鎮静法 による麻酔をもっと多くの方にご利用していただくために 今まで3万円かかっていた費用を無料にしました。
これは、静脈内鎮静法 でインプラント治療を行いたいが、麻酔費用がかかるのがネックと考えられ断念されるケースがでてきたためです。
そのため、暫くの間 試験的に無料とさせていただくことにしました。
ご希望の方は、ご利用下さい。
圧倒的に楽にインプラント治療が行えます。


      インプラント無料相談
現在インプラント無料相談を受け付けています。
詳細は以下をご覧になって下さい。
      インプラント無料相談

2010年のオリコン(音楽のオリコンチャートが有名ですが…)の
顧客満足度の高いインプラント歯科医院(神奈川県版) で当医院が総合2位になりました。
  ・オリコン 2010年度版 顧客満足度の高い インプラント歯科医院ランキング神奈川県版

メインのブログは下記をクリックして下さい。
『日本歯周病学会歯周病専門医、国際インプラント学会認定医のブログ』

こちらのブログは、曜日 と 曜日にアップしています。
他ではないようなマニアックな内容です。
当医院で 毎日行われているインプラント手術報告も記載されています。
上記の メインブログ もこの後、引き続きどうぞご覧下さい!

   ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。



大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : インプラント最新情報
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

インプラント歯周病専門医

Author:インプラント歯周病専門医
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科 院長の杉山です。
現在、インプラントは歯科治療いとってなくてはならないものとなっています。
それとともにインプラント情報はさまざまなホームページにおいても記載してあります。
このブログではインプラントの基礎について簡単に解説したいと思います。
インプラントのマニアックなブログは以下をクリックして下さい。
日本歯周病学会歯周病専門医、国際インプラント学会認定医のブログ
また、院長はインプラント認定以外に日本歯周病学会の専門医でもあることからインプラントと歯周病との関連についても解説していきたいと思います。

メール無料相談は こちらをクリック
歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。
基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

オンライン予約 はこちらをクリック
オンラインで予約が行えます。


     院長履歴
1993年 神奈川歯科大学卒業
1993年 同大学歯周病学講座入局
1999年 日本歯周病学会専門医取得
1999年 東京都にて杉山歯科医院開業
2003年 I.T.Iメンバー認定
2005年 国際口腔インプラント学会認定医取得
2006年 大船駅北口歯科インプラントセンター開業

診療時間:9:30~18:00
休診日 :月曜日、木曜日、祝日
電話  :045-891-3334
住所  :神奈川県横浜市栄区笠間
    1―5―1リーフビル3階

カテゴリー
最近の記事
FC2カウンター
QRコード
携帯でもご覧頂けます。
QR
電力使用状況&電気予報
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。