スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪い状態を放置しないことが重要

10/28(金曜日)です。

このブログは、インプラントに関する基礎基礎を学ぶブログです。
毎週金曜日にアップしています。

今日のテーマは、『悪い状態を放置しないことが重要』です。


ここ数年来院される患者様の傾向として、
「非常に悪い状態になるまで放置している方が非常に多い」
ということがあげられます。

悪い状態の例として、
歯周病の放置や
歯根破折 の放置
があります。

歯周病は、歯を支えている骨が吸収する病気です。
また、歯根破折 も歯を支えている骨が吸収してしまいます。

歯周病、歯根破折 ともに悪い状態を放置した結果、
抜歯後の治療が非常に困難になります。

歯周病であれば、初期や中程度までの段階で治療を開始すれば、十分治るケースも多くあります。
しかし、あまりにも進行してしまった歯周病の場合には、
どんな有能な歯周病専門医 であっても治すことは難しいのです。

また、重度歯周病 で抜歯となった後には、さまざまな問題を抱えます。
抜歯した後でインプラント治療をご希望されても
骨吸収が大きく、インプラント治療が非常に困難になったり、
インプラント治療自体が不可能になったりします。

骨吸収が大きい場合には、さまざまな治療法を駆使してインプラントを埋め込みます。
GBR法(骨増大法)
ソケットリフト法
サイナスリフト法(上顎洞底挙上術)
等です。
これらの治療法は魔法の治療ではありません。
どのような状態でも骨が元通りに回復できるわけではありません。
これらの治療法には限界 があるのです。
また、治療自体が大変になります。
大変というのは、治療に対する 腫れ、痛みが 簡単なインプラント治療と比較すると
圧倒的に強く起こるのです。

例えば、骨吸収もまったくない非常に簡単なインプラント治療であれば、
どのくらいの治療(手術時間)がかかるのかと言えば、
麻酔を除けば、インプラント手術のみの時間では1本で約3~5分以下です。
しかし、骨吸収が大きく非常に困難なインプラント手術の場合には、
1本のインプラントを埋め込むだけでも30分も60分もかかることがあります。
時間がかかれば、かかる程 治療後(手術後)の腫れ等も大きくなります。
また、治療にかかる費用も高額になります。

上顎の奥歯が欠損している場合で
インプラントを埋め込むための骨がほとんどない場合には、
サイナスリフト法(上顎洞底挙上術) という骨の移植手術が必要になります。
この治療は本当に大変な治療です。
移植する骨量が多い場合には、腰骨から骨を採取することが必要なケースも多くあります。
この場合には、入院で手術が必要になることも多いです。

このように骨吸収があまりにも進行してしまっている方はかなりいらっしゃいます。
「もっと早く治療していれば…」
「ダメな歯であれば、もっと早く抜歯していれば…」
と考えられるケースは非常に多いです。

「治療に通院する時間がない!」
「治療が大変で嫌!」
「ダメ(抜歯)と言われているが、どうしても抜歯は嫌!」
ということで悪い状態を長い年月そのままにしてしまっている方がいらっしゃいます。
こうした方が本当に危険なのです。

ブログで歯周病があまりにも進行している場合には、
どうしても抜歯が必要であることを以下のような例えで説明することがあります。
良くこのブログを見られている方は何度か見たないようかもしれません。
始めて見られる方は、心してみて下さい。

重度歯周病の患者様で
どうしても抜歯が必要な歯が存在する場合、
以下のように説明することがあります。
例えば、お腹が痛くて内科を受診したとします。
診査の結果、病名が ガン(癌)と診断されたとします。
しかも、ガンは、かなり進行していたのです。
もっと早い段階でガンが発見されていれば、
抗ガン剤 や 放射線治療で治ることが可能だったのですが、
ガンが進行してしまっている現状では、ガンの部分を切除するしか治療方法はなかったとします。
もし、切除しないと ガンは、他の臓器にも転移してしまうからです。
ガンが転移した結果、生死にも関わってくるのです。
そのため、外科処置によってガンを切除する方法を選択するのです。

歯周病も同じです。
歯周病は感染症 ですので、治療を行っても治らない歯を放置すると
必ず 他の歯に感染してしまいます。
つまり、さらに多くの歯を失ってしまうのです。
歯周病は、感染症 であることをしっかりと認識することが 歯周病治療を行うための第一歩なのです。
しかし、100%治療ができない歯であっても どうしても抜歯を希望されない場合には
歯周病はさらに進行してしまい、
さらに多くの歯を失うことになるだけでなく、
骨吸収が進行することにより、歯が抜け落ちた後の治療が困難(不可能)になってしまうことが多いのです。

「悪い状態を放置しないこと」
ことが本当に重要なのです。
また、どうしても抜歯しか方法がない場合には、
無理にそのままにしないことも大切です。

当医院でも
どうしても抜歯しなければ状態が悪化してしまうような病状の場合には、
「抜歯しないと周囲の歯もダメになりますし、骨吸収もさらに大きくなるため、
 抜歯後に大変なことになりますよ!」
と説明しても
「抜歯は絶対に嫌!」
という方がいらしゃいます。
私達は専門家ですから
治療ができないような悪い状態を放置することは
将来的に大きな問題となることが分かっています。
そのために
治療の必要性や抜歯の必要性を説明させていただくこのです。

治らない歯を残しておくことのリスクが分かるからです。

当医院に来院される患者様の中にも
悪い状態のまま
何件もの歯科医院を転々とし
「なんとか 抜歯しないで 残せないのか?」
という期待を込めて来院される方もいらっしゃいます。
インターネットで何日も 何ヶ月も 何年も…
探していられる患者様もいらっしゃるのです。

ここできちんと考えていかなければならないのが、
もともと悪い状態であるのに
期待を込めて 歯科医院を探している間に
病状は確実に進行(悪化)しているのです。

先程説明しました 末期がん(癌)の状態で
病状を放置したまま 時間が経過してしまっているのと同じです。

最近このような厳しい話しをすることが多いのですが、
ここ数年はご自身の希望(意見)が最優先であり、
専門医の意見を聞き入れていただけないことが多々あるのです。

私は治す立場ですから
ダメ(抜歯が必要)なものはダメと強く説明します。
抜歯しなければならない状態の歯を放置することのリスクが分かっているからです。

もちろん悪い状態を放置することのリスクを十分理解していただいた上で
経過をみることもあります。

そのため、歯周病であったり、インプラント治療をご希望されている方に対しては、
患者様個人に合わせた「治療計画書」を作製します。

これは、現在の状態をきちんと理解していただきたいからです。
この現在の口腔内の状態をきちんと理解することが
治療の第一歩なのです。

そして、悪い状態を放置しないことが重要なのです。



次回のインプラント基礎ブログは、11/4(金)になります。


当医院のインプラント治療費の中には、
治療中のレントゲン撮影や薬代、
土台(アバットメント) の費用、
仮歯 の費用、
型を取る費用、治療経過のレントゲン撮影、セラミック等の被せ物の費用、
スプリッティング法(リッジエクスパンジョン法) の費用、
OAM(大口式)インプラントシステム の費用、
GBR法(骨増大法) の費用、
ソケットリフト法 の費用、
静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) の費用も含まれています。

インプラントモニター募集(手術費用20%割引)
インプラントモニターの詳細については、下記をクリックして下さい。
      インプラントモニター(手術費用20%割引)

最近インプラント治療を行う際に静脈内鎮静法(眠っている間に終了します) をご希望される方が非常に多くなってきています。
そこで、静脈内鎮静法 による麻酔をもっと多くの方にご利用していただくために 今まで3万円かかっていた費用を無料にしました。
これは、静脈内鎮静法 でインプラント治療を行いたいが、麻酔費用がかかるのがネックと考えられ断念されるケースがでてきたためです。
そのため、暫くの間 試験的に無料とさせていただくことにしました。
ご希望の方は、ご利用下さい。
圧倒的に楽にインプラント治療が行えます。


      インプラント無料相談
現在インプラント無料相談を受け付けています。
詳細は以下をご覧になって下さい。
      インプラント無料相談

2010年のオリコン(音楽のオリコンチャートが有名ですが…)の
顧客満足度の高いインプラント歯科医院(神奈川県版) で当医院が総合2位になりました。
  ・オリコン 2010年度版 顧客満足度の高い インプラント歯科医院ランキング神奈川県版

メインのブログは下記をクリックして下さい。
『日本歯周病学会歯周病専門医、国際インプラント学会認定医のブログ』

こちらのブログは、曜日 と 曜日にアップしています。
他ではないようなマニアックな内容です。
当医院で 毎日行われているインプラント手術報告も記載されています。
上記の メインブログ もこの後、引き続きどうぞご覧下さい!

   ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。



大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歯科治療
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 戸塚 藤沢 鎌倉 横浜 歯科医院 歯科 インプラント 大船 逗子 歯科治療

プロフィール

インプラント歯周病専門医

Author:インプラント歯周病専門医
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科 院長の杉山です。
現在、インプラントは歯科治療いとってなくてはならないものとなっています。
それとともにインプラント情報はさまざまなホームページにおいても記載してあります。
このブログではインプラントの基礎について簡単に解説したいと思います。
インプラントのマニアックなブログは以下をクリックして下さい。
日本歯周病学会歯周病専門医、国際インプラント学会認定医のブログ
また、院長はインプラント認定以外に日本歯周病学会の専門医でもあることからインプラントと歯周病との関連についても解説していきたいと思います。

メール無料相談は こちらをクリック
歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。
基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

オンライン予約 はこちらをクリック
オンラインで予約が行えます。


     院長履歴
1993年 神奈川歯科大学卒業
1993年 同大学歯周病学講座入局
1999年 日本歯周病学会専門医取得
1999年 東京都にて杉山歯科医院開業
2003年 I.T.Iメンバー認定
2005年 国際口腔インプラント学会認定医取得
2006年 大船駅北口歯科インプラントセンター開業

診療時間:9:30~18:00
休診日 :月曜日、木曜日、祝日
電話  :045-891-3334
住所  :神奈川県横浜市栄区笠間
    1―5―1リーフビル3階

カテゴリー
最近の記事
FC2カウンター
QRコード
携帯でもご覧頂けます。
QR
電力使用状況&電気予報
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。