スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこのインプラントメーカーが優れているのか?:その5

8/1(金曜日)です。

このブログは、インプラントに関する基礎基礎を学ぶブログです。
毎週金曜日にアップしています。

今日のテーマは、『どこのインプラントメーカーが優れているのか?:その5』です。

このシリーズでは、インプラントのメーカーには、それぞれ特徴があることを解説しました。

今日は、実際には、どのような特徴があるのかを具体的に解説したいと思います。

まず、インプラントには、大きく分けて1回法、と2回法があります。

非常に簡単に言えば、
1回法は、手術が1回で済むものです。
2回法は、2回の手術が必要になります。

1回法は、インプラント手術後に、インプラントの一部分(上の蓋の部分)が歯肉の上に見えます。
口腔内を見れば、『ここにインプラントを行った』ということがすぐに分かります。

それに対し、2回法は、インプラント手術の際に、インプラントを歯肉の中に埋め込んでしまいます。
手術後には、『どこにインプラントを埋め込んだの?』という具合に見えません。

なぜこのような違いが起るのでしょうか?

もともとインプラントは1950年にスウェーデンの化学者ペル・イングウァール・ブローネマルク博士によって発見されたもので、その当時は2回法でした。
このインプラントシステムは、ブロネマルクインプラントといい、最も歴史のあるインプラントであり、研究や臨床報告も非常に多数あり、現在でも最も信頼性のあるインプラントのひとつです。

しかし、2回法では、インプラントの型を取る際には、歯肉の中に埋まっているインプラントを見える状態にするために、再度麻酔を行い、切開(ほんの少しですが…)を行う必要性がありました。

その後、2回法の欠点を補うべくスイスから1回法のインプラントが開発されました。
これが、 ストローマン・インプラント ( I.T.Iインプラント)です。

つまり、1回法2回法というものはもともとはインプラントの開発コンセプトの違いから生じたものです。
現在のインプラントの多くはブロネマルク、I.T.Iを模範して作られたものです。

治療を受ける患者様にとっては、1回の手術で行える方が“楽”ということになります。

しかし、さまざまな状況(骨の吸収程度や治療部位等)によりどちらの方法を行うかが異なるのです。

これは、1回法のインプラントの代表である ストローマン・インプラント ( I.T.Iインプラント)を使用した場合でも2回法で手術を行うことがあります。

その一つが、骨が吸収している場合です。
骨が吸収している場合で、インプラント手術を行う時には、インプラントの埋入手術と同時に骨を再生(増大)させるGBR法という治療を併用します。

インプラント埋入手術時に、このような治療(GBR法)を併用した場合には、2回法になる可能性が高いのです。

また、上顎前歯部等の審美制を重要視する部位の場合にも2回法になることがあります。

そのため、
1回法のインプラントメーカーが優れている』とか
2回法のインプラントメーカーが優れている』
ということではありません。

ぞれぞれの症例(骨の状態)等に合わせて選択することになります。

また、元々1回法で開発されたインプラントメーカーでも2回法として使用することもあります。

次回のブログは8/8(金曜日)になります。
次回のテーマは、『どこのインプラントメーカーが優れているのか?:その6』になります。


メインのブログは下記をクリックして下さい。
『日本歯周病学会歯周病専門医、国際インプラント学会認定医のブログ』

こちらのブログは、曜日 と 曜日にアップしています。
他ではないようなマニアックな内容です。
当医院で 毎日行われているインプラント手術報告も記載されています。
上記の メインブログ もこの後、引き続きどうぞご覧下さい!

   ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。



大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : インプラント最新情報
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

インプラント歯周病専門医

Author:インプラント歯周病専門医
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科 院長の杉山です。
現在、インプラントは歯科治療いとってなくてはならないものとなっています。
それとともにインプラント情報はさまざまなホームページにおいても記載してあります。
このブログではインプラントの基礎について簡単に解説したいと思います。
インプラントのマニアックなブログは以下をクリックして下さい。
日本歯周病学会歯周病専門医、国際インプラント学会認定医のブログ
また、院長はインプラント認定以外に日本歯周病学会の専門医でもあることからインプラントと歯周病との関連についても解説していきたいと思います。

メール無料相談は こちらをクリック
歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。
基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

オンライン予約 はこちらをクリック
オンラインで予約が行えます。


     院長履歴
1993年 神奈川歯科大学卒業
1993年 同大学歯周病学講座入局
1999年 日本歯周病学会専門医取得
1999年 東京都にて杉山歯科医院開業
2003年 I.T.Iメンバー認定
2005年 国際口腔インプラント学会認定医取得
2006年 大船駅北口歯科インプラントセンター開業

診療時間:9:30~18:00
休診日 :月曜日、木曜日、祝日
電話  :045-891-3334
住所  :神奈川県横浜市栄区笠間
    1―5―1リーフビル3階

カテゴリー
最近の記事
FC2カウンター
QRコード
携帯でもご覧頂けます。
QR
電力使用状況&電気予報
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。