スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプラント治療にかかる期間と回数:その3

5/22(金曜日)です。

このブログは、インプラントに関する基礎基礎を学ぶブログです。
毎週金曜日にアップしています。

今日のテーマは、『インプラント治療にかかる期間と回数:その3』です。

前回と前々回の2回では、具体的なケースをもとに
インプラントの治療期間 および 治療回数について解説してきました。

インプラント治療は、基本的に インプラントと骨が結合するまで待つ必要性があります。
その期間は、以前からするとかなり短縮されてきていますが、
それでも約2~3ヶ月程度はかかります。
そのため、歯が欠損していても インプラントを埋入し、噛めるようになるまで
どうしても時間がかかってしまうのです。

今日のお話は、インプラントを埋入した当日に 固定式の仮歯まで行う方法について解説します。

インプラントを埋入後、インプラント自体に噛む力を加える方法を
『インプラント即時負荷(加重)』と言います。

それでは、インプラントと骨が結合しないうちにこのように力を加えて大丈夫なのでしょうか?

『インプラント即時負荷(加重)』には一定の条件があります。

最大の条件は、噛む力を加えた時に、インプラントに負担がかからず、
インプラント自体が動かないということです。

手術後、インプラントと骨が結合するまでは、安静にすることが大切です。
多くの研究から 手術後、インプラントが50~150ミクロン以上動いてしまうと
インプラントと骨の結合は起らず、ダメになってしまいます。

逆に言えば、埋込んだインプラントが50~150ミクロン以上動かなければ、大丈夫ということになります。
そのためには、いくつかの条件が必要になります。
まず、インプラントを埋込むための骨が十分存在し、臨床的に埋込んだインプラントがまったく動かないような状況であることが大切です。

しかし、このようなケースは、少ないのが現状です。
インプラントをご希望されている方の多くは、 歯周病 歯根破折で抜歯することが多いのですが、
歯周病や歯根破折の状態が長く続くと歯を支えている骨の吸収が起ります。
骨の吸収が起った段階で抜歯すると インプラント周囲には、骨が十分存在せず、
インプラントが安定しません。
このような場合には、骨を再生(増大)させるための治療法(GBR法)を併用します。

骨の吸収がなく、埋込んだインプラントが動かないような状態でなければ、
『インプラント即時負荷(加重)』は行えません。

次に、一般的には、ある程度の数のインプラントを同時に埋入し、
そのインプラントを連結させることが必要です。

1本だけインプラントを埋入し、そのインプラントを噛ませようとするとどうしても
負担がかかってしまいます。
そのため、数多くのインプラントを埋入した場合に、埋入した全てのインプラントを仮歯で連結固定させることにより、インプラントの安定をはかるのです。

私自身も条件さえ合えば、『インプラント即時負荷(加重)』を行っています。
『インプラント即時負荷(加重)』は、手術当日から固定式の仮歯になるため、患者様には、非常に有益な方法だからです。

以下のようなケースでは、『インプラント即時負荷(加重)』が適応される症例です。
骨幅や高さが十分あり、複数のインプラントを埋入することが可能なケースです。

sukuji


メインのブログは下記をクリックして下さい。
『日本歯周病学会歯周病専門医、国際インプラント学会認定医のブログ』

こちらのブログは、曜日 と 曜日にアップしています。
他ではないようなマニアックな内容です。
当医院で 毎日行われているインプラント手術報告も記載されています。
上記の メインブログ もこの後、引き続きどうぞご覧下さい!

   ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。



大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : インプラント最新情報
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

インプラント歯周病専門医

Author:インプラント歯周病専門医
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科 院長の杉山です。
現在、インプラントは歯科治療いとってなくてはならないものとなっています。
それとともにインプラント情報はさまざまなホームページにおいても記載してあります。
このブログではインプラントの基礎について簡単に解説したいと思います。
インプラントのマニアックなブログは以下をクリックして下さい。
日本歯周病学会歯周病専門医、国際インプラント学会認定医のブログ
また、院長はインプラント認定以外に日本歯周病学会の専門医でもあることからインプラントと歯周病との関連についても解説していきたいと思います。

メール無料相談は こちらをクリック
歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。
基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

オンライン予約 はこちらをクリック
オンラインで予約が行えます。


     院長履歴
1993年 神奈川歯科大学卒業
1993年 同大学歯周病学講座入局
1999年 日本歯周病学会専門医取得
1999年 東京都にて杉山歯科医院開業
2003年 I.T.Iメンバー認定
2005年 国際口腔インプラント学会認定医取得
2006年 大船駅北口歯科インプラントセンター開業

診療時間:9:30~18:00
休診日 :月曜日、木曜日、祝日
電話  :045-891-3334
住所  :神奈川県横浜市栄区笠間
    1―5―1リーフビル3階

カテゴリー
最近の記事
FC2カウンター
QRコード
携帯でもご覧頂けます。
QR
電力使用状況&電気予報
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。