スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプラント治療にかかる期間と回数:その5

6/5(金曜日)です。

このブログは、インプラントに関する基礎基礎を学ぶブログです。
毎週金曜日にアップしています。

今日のテーマは、『インプラント治療にかかる期間と回数:その5』です。

前回は、抜歯した当日にインプラントを埋入する抜歯即時インプラントについて解説しました。
ただし、こうした方法は、通常行われる治療ではありません。

インプラント治療が始まった頃には、抜歯した部位にインプラントを行う場合、
まず、抜歯部が治癒するまで、2~6ヶ月程度待ちます。

その後 インプラントを埋入します。
さらに インプラントと骨が結合(くっつく)するまで 6ヶ月程度待ちます。

その結果、抜歯し、インプラントを埋入した場合、
最終的に噛めるまでにトータルで、
半年以上の治療期間がかかっていました。
これは、治療期間が非常に長くなり、患者様にとっては、大変なことです。

このような問題点を解決すべく、 I T I インプラント(ストローマン・インプラント)は、1999年に骨との結合期間を大幅に短縮する ” SLA表面インプラント ” を開発しました。
この ” SLA表面インプラント ” により インプラントと骨が結合する期間は、最短で6週間という 非常に短い期間になりました。
これが、インプラントの治療期間の短縮に大きく貢献しました。

この時期には、他の多くのメーカーもインプラントと骨の結合期間を短縮させる開発が頻繁に行われていました。

しかし、抜歯した後にインプラントを埋入するためには、他にも問題があります。
抜歯と同時にインプラントを行う場合、抜歯部の穴の大きさと インプラントの太さ(幅)には 違いが生じてしまいます。
通常、抜歯部(抜歯した穴)の方が 幅が大きいので、インプラントの周囲には隙間(ギャップ)ができてしまいます。
この隙間を埋めるために、 骨再生治療(GBR法)という特殊な方法が用いられてきました。
この治療法を用いると インプラントと骨との隙間に 骨を再生させることが可能になります。

しかし、あまりにも インプラントとの隙間が大きかったり、
インプラントの初期安定性が得られない場合には、適応しづらいこともありました。
また、骨再生治療(GBR法)は、技術的に難しいことも多いため、抜歯と同時のインプラント埋入には限界がありました。
このため、通常は、先に記載したように 抜歯した部位が治ってから インプラントを埋入していました。

こうした問題を解決すべく、I T I インプラント(ストローマン・インプラント)は、2003年にまったく新しいタイプの『 I T I TE(R) インプラント 』を開発しました。
この新しいインプラントは、抜歯した部位への使用を目的として 開発されたもので、抜歯部との隙間を最小にすべく、テーパー上の形態(図1)になっていることと、骨との安定をよくするためピッチ(ねじ山の間隔)が狭められています。(図2)
3456778



以下の写真が『 I T I TE(R) インプラント 』になります。
インプラントの尖端より 上部の直径(幅)が広くなっています。
25793




この続きは、6/12(金)になります。


メインのブログは下記をクリックして下さい。
『日本歯周病学会歯周病専門医、国際インプラント学会認定医のブログ』

こちらのブログは、曜日 と 曜日にアップしています。
他ではないようなマニアックな内容です。
当医院で 毎日行われているインプラント手術報告も記載されています。
上記の メインブログ もこの後、引き続きどうぞご覧下さい!

   ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。



大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : インプラント最新情報
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

インプラント歯周病専門医

Author:インプラント歯周病専門医
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科 院長の杉山です。
現在、インプラントは歯科治療いとってなくてはならないものとなっています。
それとともにインプラント情報はさまざまなホームページにおいても記載してあります。
このブログではインプラントの基礎について簡単に解説したいと思います。
インプラントのマニアックなブログは以下をクリックして下さい。
日本歯周病学会歯周病専門医、国際インプラント学会認定医のブログ
また、院長はインプラント認定以外に日本歯周病学会の専門医でもあることからインプラントと歯周病との関連についても解説していきたいと思います。

メール無料相談は こちらをクリック
歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。
基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

オンライン予約 はこちらをクリック
オンラインで予約が行えます。


     院長履歴
1993年 神奈川歯科大学卒業
1993年 同大学歯周病学講座入局
1999年 日本歯周病学会専門医取得
1999年 東京都にて杉山歯科医院開業
2003年 I.T.Iメンバー認定
2005年 国際口腔インプラント学会認定医取得
2006年 大船駅北口歯科インプラントセンター開業

診療時間:9:30~18:00
休診日 :月曜日、木曜日、祝日
電話  :045-891-3334
住所  :神奈川県横浜市栄区笠間
    1―5―1リーフビル3階

カテゴリー
最近の記事
FC2カウンター
QRコード
携帯でもご覧頂けます。
QR
電力使用状況&電気予報
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。