スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプラント治療にかかる期間と回数:その6

6/12(金曜日)です。

このブログは、インプラントに関する基礎基礎を学ぶブログです。
毎週金曜日にアップしています。

今日も前回の続きになります。
抜歯即時インプラントの続きです。
前回までのブログをご覧になっていない方は、前回(6/5)以前のブログを先に御覧になって下さい。

前回は、抜歯即時インプラントに適したインプラントの形態について解説しました。
I T I TE(R) インプラントです。
下の写真のように抜歯即時インプラントに適した新しいインプラントは、
上部が広がっている形態になっています。
この広がっていることが抜歯と同時にインプラントを行う場合に有効なのです。

25793


下の図の3番が通常(今まで)のインプラントの形態です。
4番がI T I TE(R) インプラントです。
比較すると少し分かりやすいかと思います。

991113222



それでは、さらに分かりやすくお話するために、先に通常(今まで)のインプラントの症例から見てみましょう。

下のレントゲン写真では、左下の奥歯が折れてしまっています。
治療回数の減少と治療期間の短縮を考え、抜歯をした直後にインプラントを埋入する計画を立てました。
1936188


次のレントゲン写真では、抜歯した直後にインプラントを埋入しました。
しかし、もともとの歯の直径(幅)よりもインプラントの直径(幅)の方が小さいため、インプラントと骨との間に隙間ができています。
この隙間を改善するために骨再生治療(GBR法)を行う必要性があります。
インプラントの左側にある黒い部分がインプラントと骨との隙間です。
2836899


下のレントゲン写真は、インプラント埋入後8週間の状態です。
抜歯時にあったインプラント周囲の骨の欠損には 白く骨ができています。
さらに数ヶ月すると この白く再生した骨は 周囲の骨と識別できないようになってきます。
10287711


このように抜歯と同時にインプラントを埋入する場合、
どうしてもインプラントと抜歯した穴に隙間ができてしまいます。
もちろんこの隙間を先程書きました骨再生治療(GBR法)を行えば、この隙間を改善(骨再生)させることは可能です。
しかし、治療に対する大変さもありますし、骨再生治療(GBR法)は、魔法の治療ではありませんので、骨再生量には限界があります。

そこで、I T I TE(R) インプラントのような形態のインプラントが適しているのです。
以下は、I T I TE(R) インプラントの症例です。
22849999

上のレントゲン写真の奥から2番目の歯に痛みがあり、
診査結果、同部は、歯の根が割れていました。
治療回数の減少と治療期間の短縮を考え、抜歯をした直後にインプラントを埋入する計画を立てました。
また、I T I TE(R) インプラントを使用することにより骨再生治療(GBR法)を行わない治療法を選択しました。
* 一番奥は、以前にインプラントを行っています。


28199400
上の写真の奥から2番目の歯が折れています。
左側は、折れている状態です。
真ん中の写真は、インプラント埋入直後です。
右側は、抜歯後2ヶ月の状態です。
I T I TE(R) インプラントを併用することにより、抜歯から約2ヶ月で噛めるようになりました。



10298774
上のレントゲン写真は、治療終了時です。
一番奥のインプラントと比較すると 形態の違いがわかるかと思います。
この形態が 抜歯即時インプラントにおいてGBR法を併用しないでシンプルに行えるようになっているのです。






次回のテーマは、『インプラント治療にかかる期間と回数:その7』です。



メインのブログは下記をクリックして下さい。
『日本歯周病学会歯周病専門医、国際インプラント学会認定医のブログ』

こちらのブログは、曜日 と 曜日にアップしています。
他ではないようなマニアックな内容です。
当医院で 毎日行われているインプラント手術報告も記載されています。
上記の メインブログ もこの後、引き続きどうぞご覧下さい!

   ・ メール無料相談は こちらをクリック
 歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下
 さい。
 基本的に、当日に回答させていただきます。

  ・ インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

  ・インターネット・オンライン予約 はこちらをクリック
休診日でも24時間 オンラインで予約が行えます。

歯周病専門サイトは、コチラをクリック

大船駅北口歯科インプラントセンターインプラント 歯周病 専門医

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : インプラント最新情報
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

インプラント歯周病専門医

Author:インプラント歯周病専門医
インプラントなら横浜の大船駅北口歯科 院長の杉山です。
現在、インプラントは歯科治療いとってなくてはならないものとなっています。
それとともにインプラント情報はさまざまなホームページにおいても記載してあります。
このブログではインプラントの基礎について簡単に解説したいと思います。
インプラントのマニアックなブログは以下をクリックして下さい。
日本歯周病学会歯周病専門医、国際インプラント学会認定医のブログ
また、院長はインプラント認定以外に日本歯周病学会の専門医でもあることからインプラントと歯周病との関連についても解説していきたいと思います。

メール無料相談は こちらをクリック
歯科治療で分からないこと や ご心配ごと をメールして下さい。
基本的に、当日に回答させていただきます。

インプラントオンライン見積もりは こちらをクリック
欠損部からインプラントの治療費や治療期間(治療回数)等をお答えします。

オンライン予約 はこちらをクリック
オンラインで予約が行えます。


     院長履歴
1993年 神奈川歯科大学卒業
1993年 同大学歯周病学講座入局
1999年 日本歯周病学会専門医取得
1999年 東京都にて杉山歯科医院開業
2003年 I.T.Iメンバー認定
2005年 国際口腔インプラント学会認定医取得
2006年 大船駅北口歯科インプラントセンター開業

診療時間:9:30~18:00
休診日 :月曜日、木曜日、祝日
電話  :045-891-3334
住所  :神奈川県横浜市栄区笠間
    1―5―1リーフビル3階

カテゴリー
最近の記事
FC2カウンター
QRコード
携帯でもご覧頂けます。
QR
電力使用状況&電気予報
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。